2005年05月28日

月桂樹賞結果

月桂樹賞結果.bmp

ラッキーフィールド.png

1着はエアフォルツァ
フリーシンカーの逃げで何と3F通過は35.7という、9頭立てにしては速い流れ。
折り合いに難のあったこの馬にとって、願ってもいない展開となりました。
当然、いつもとは違い後方でスンナリと追走。
直線に入るまで追い出しを我慢すると、ラストは34.2という弾けるような脚を使っての2馬身差快勝でした。

2着はゲットマイウェイ
速い流れを2番手で追走したこの馬にとっても展開が向きました。
3ハロンを35.9で通過すると、最後までバテず35.1の末脚で粘り込み。
BT×Kingmamboといういかにも重厚な血統をフルに活かしました。

3着はサジターリオ
中団からの追走で前半に脚を使い過ぎたのでしょうか。
ラストは35.0と本来の伸びを欠きました。
ピルサドスキー、ファインモーションを近親に持つも、両馬と比べると軽すぎる血統。
やはりスローのヨーイドンが本領でしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白百合ステークス

白百合ステークス.jpg

マチカネオーラ
ケイアイ、フレンチ、マルブツの先行争い、加えて中京コースなら前半は36秒台になりそう。
掛かりのよいタイプで、ここまでスローに泣かされてきたこの馬が変身しそうです。
これまでの勝った2走はいずれも前半が36秒前半の速い流れ。
ロスの少ない最内の1番枠を引けたのも大きなプラス材料です。

マルブツシルヴァー
前走プリンシパルSは2番手追走で0.1秒差の惜しい4着。
前半36.9で終い34.4ならここでも十分通用です。

チョウサン
スローを先行で粘り込みというレースが得意も、前走は時計面で大きな前進がありました。
ここも先行すれば、十分勝負になると思います。
あとは大外枠からの発走ですが、いかにいいポジショニングができるかでしょう。

アスカロン
ここ2走は後方からの競馬。
いずれも速い上がり時計をマークしていますが、配合内容からは前に行ってこその馬。
今回初騎乗の武豊ジョッキーがどちらかといえば後方からレースを進める傾向が強いので、前半の速いレースでどう出るでしょうか。

ガブリン
南半球産れでデビューは遅くなりましたが、素質は上位のものがあります。
それの裏付けとなるのが前走の内容。
速い流れの競馬を36.3-35.4で纏める強い内容で、ここでも即通用です。
Danzig特有の掛かりの良さが活かせれば、上位争いも可能だと思います。

ビッグタイガー
この馬にとっては少し流れが速いようにも思えますが、実績からすれば通用しても良さそう。
うまく馬群を捌いて来れれば、3着あたりに絡んで来そうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 03:56| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月桂樹賞

月桂樹賞.jpg

エスユープリサイス
初勝利までの3戦をダートで走り、初の芝となった前走は2着。
そこで見せた非凡な能力は、今回のメンバーでは抜けたものがあります。
というのはトリッキーな中山で出遅れ、ラスト34.4という末脚を使った事。
今回のメンバーならスローは確実で、長い直線の東京で更に末脚に磨きがかかるはずです。

サジターリオ
前半の流れが速かった前走は案外。
緒戦の内容なら、ここは当然巻き返し可能です。
後方に控えるようなら、先頭でのゴールも期待できます。

エアフォルツァ
終いに懸けたり、途中でマクッたりと素質の片鱗を覗かせながらもなかなか結果が出せていません。
更に前走では痛恨の出遅れ。
ただ折り合いが付けば鋭い決め手を持っているだけに、軽視は禁物です。

ジョウノマイボーイ
ここまで3戦、前走でようやく初勝利を挙げましたが、まだ本領を発揮していない様子。
ここまでは前半の流れが速いレースばかりで、今回の組み合わせが試金石となりそうです。
うまく折り合いを付けれるようなら、今後の楽しみも出てきます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

優駿牝馬結果

優駿牝馬結果.bmp

キャロットファーム.png

1着はシーザリオ
行ったのは何と何とエイシンテンダーでした。
3F通過は37.1とスローになりましたが、ユーイチ騎手は無理に追いかけずの後方待機。
4角手前から進出を開始しましたが、このあたりが勝利インタビューで仕切に「馬に失礼な乗り方をした。」というところのように思います。
確かにあの位置から勝つには、4角手前の仕掛けは仕方無しです。
しかし「馬に負担を掛けてしまった。」と言うものの、馬の力を信じてケースバイケースの乗り方が出来たのは本物のジョッキーになった証ではないでしょうか。
それにしても33.3という素晴らしい末脚、人馬ともに一皮剥けたように思います。

2着はエアメサイア
中団前目からの競馬で、直線先頭に立ったかと思った瞬間わずかに交わされました。
母と同じく2着で詰めの甘さがありますが、安定して高いパフォーマンスを発揮出切るのは流石。
敗れはしましたが、100点満点のレースでした。

3着はディアデラノビア
下見所ではチャカチャカと落ち着きがありませんでしたが、レースでは幾分マシでした。
勝ち馬と同じく4角手前からの仕掛けで33.7の末脚。
欲を言えば直線まで仕掛けを待ちたかったように思えます。
とはいえ、秋にはこの馬も甲乙付けがたい主力の一頭になっている事でしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:12| Comment(0) | TrackBack(4) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇竜ステークス結果

昇竜ステークス結果.bmp

織田芳一.png

1着はシンメイレグルス
ニュートンが行くのかと思っていたら、行ったのはアスワンでした。
3F通過が35.6とかなり速い流れになりました。
この馬にとってこの流れは未体験の域で、まさか37.7の最速タイムで上がってくるとは思いもしませんでした。
それも外を回ってのものですので、余計に価値があります。
次はカネヒキリとの決着になりそうですが、まだ伸びしろを残していると見ても良さそうです。

2着はアドマイヤムサシ
こちらも最速の37.7という上がり時計。
ただ前半の位置取りが勝敗を分けました。
小回りはかなり上手い部類に入るので、小倉あたりで活躍しているかもしれません。

3着はエイシンニュートン
3・4番手追走からマイペースの競馬。
この馬としては前走分は走っているので、今回は完全な力負けでしょう。
とはいえ、古馬混合でも1000万下ならスンナリ突破できそうです。


blog Ranking tbfgreen続きを読む
posted by 恐れ入ります at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。