2005年06月27日

今後の更新予定

7月3日() ラジオたんぱ賞(GV)
7月13日(水) ジャパンダートダービー(交流GT)
7月23日() ラベンダー賞(オープン)
7月23日() マリーゴールド賞(オープン)


予想記事のアップはレース前日の夜、もしくは当日の午前になると思います。
回顧は出来るだけ新鮮なうちに書きます。

blog Ranking tbfgreen
【関連する記事】
posted by 恐れ入ります at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

ユニコーンステークス

ユニコーンステークス.jpg

カネヒキリ
前走端午Sは圧巻の勝利。
最後は余裕ありでも終い36.5、それも大差と、当に砂版ディープインパクト。
今回は前走よりもペースアップが見込まれますが、十分に対応できそうです。

ドンクール
獲得賞金の関係で他馬より1kg背負います。
それでも今回も展開は打って付け。
カネヒキリとの一騎打ち濃厚です。

サンワードラン
意外と人気の盲点となりそうなのが、この馬。
一気の相手強化ですが、好内容だった前走からすればここでも通用の力は持っています。


アグネスジェダイ
ドンクールとは2度の激闘を演じ、それも前走は出遅れてのもの。
当然チャンス十分です。
あとは府中の直線でどれだけしのげるか、焦点はそこに絞られます。

プライドキム
ここ2週の追い切りがイマイチ。
それでも前走は負けて強しの内容で、距離短縮も恐らくプラスに思えます。
甘く見ると痛い目に遭いそうです。

シンメイレグルス
前走で大幅に時計は詰めたものの、ここに入ると若干劣ります。
とはいえ一杯一杯でも追うほどに伸びる馬。
府中の直線は大いに魅力です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:37| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かきつばた賞

かきつばた賞.jpg

マルカフレンドリー
2500mという長丁場ながら、先行激化でピリッとした流れになりそうです。
前走は2000m、それも3ハロン通過が34.3という厳しすぎるレース。
しかし前々走のように長丁場で多少の息が入ればこの馬が一番のように思います。

バトルブレーヴ
距離が延びるにつれ着順が上がり、前走でようやく勝利。
それも前で引っ張っての勝利には価値があります。
ここでも遜色はないはず。

チョウノゾミ
長丁場の安定勢力で、あとひと押しといったところ。
能力的には通用して当たり前ですが、予想される3ハロン通過35秒台で上手く立ち回れるかどうかが鍵です。

カネトシスマイル
引っ張っての前走の勝ちっぷりが上々。
このメンバーなら昇級でもやれそうで、むしろ人気のフサイチよりは脈ありと見ています。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

東京優駿結果

東京優駿結果.bmp

金子真人.png

1着はディープインパクト
今回も出遅れ気味にスタートし、後方4番手からの競馬。
前が飛ばしてバラけた3角で外に持ち出し、直線に向けて態勢を整えました。
そして直線に向くと、一頭だけ全く別次元の競馬。
ラスト3F33.4の末脚は当に"衝撃波"でした。
2着を5馬身突き放し、見事2冠達成となりました。

2着はインティライミ
前後半のタイムだけ見ると36.2-35.1と平凡にも見えますが、道中の厳しさに耐えて異次元の一頭以外ではトップのゴールイン。
コスモ、シャドウの飛ばす直後、いわゆるダービーポジションでよく最後まで頑張ったと思います。
12秒台前半のラップが続く中、4角で先頭に並び、見せ場を作る場面も。
後方から雪崩れ込んだ3着以下に比べると、拍手を送るに値する強い競馬でした。

3着はシックスセンス
例によって後方からの競馬も、3分3厘でのペースアップにシッカリと対応。
順位を上げると最後は34.5の末脚。
この掛かりの良さが本馬の強みで、兄たちに無かった"第六感"なのでしょう。
秋、そして古馬との対決でも結果を残してくれるはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 06:49| Comment(1) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白藤賞結果

白藤賞結果.bmp

丸山輝城.bmp

1着はエムティーエアー
逃げるサザンをテイエムが追わず、3ハロン通過35.6もスローペース。
それを見たこの馬は2角あたりで、先頭を捕らえに。
そのまま終始先頭に絡みながら、ラストは34.9。
スピードに乗ったまま抜け出し、見事に復活勝利を挙げました。

2着はテイエムライナー
今回も控えて4番手。
3角手前で3番手に押し上げ、先頭を捕らえにかかりましたが、最後は僅かに届かず。
とはいえ、昇級後どんな展開でも結果を残しており、引き続きこのクラスの中心的存在には間違いありません。

3着はエイシンインパール
最後方からの競馬。
4角からの進出で上がり3Fは34.4の最速タイムでしたが、これが精一杯。
小回りコースで悠長に構え過ぎた感がありました。
とはいえ、次走は阪神あたりでキッチリ巻き返してくるでしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。