2005年04月10日

山吹賞結果

山吹賞結果.JPG

西川清.png

1着はニューヨークカフェ
いつもより前目の中団で抜群の手応え。
スローペースで落ち着いた流れを、ラスト3F34.5で競り勝ちました。
正直、今回も後方待機策と思っていただけに驚きのレース内容。
次走以降の活躍は、今回のような位置に付けて走れるかに懸かっていそうです。

2着はレイズユアドリーム
前走は出遅れて後方で進めざるを得ませんでしたが、何と今回も後方待機。
ラストは34.0の末脚で詰め寄りましたが、ハナ差及ばず。
正直、勿体無いレースをした気がします。

3着はアクレイム
今回は4角あたりでやや紛れがあったのは確かですが、明らかに能力での敗戦。
ここは仕方なしです。
今後の活躍は新たな策で挑むなど、何らかの工夫が要りそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

ニュージーランドトロフィー

ニュージーランドトロフィー.JPG

セイウンニムカウ
後方からズドンというより、前々での粘り込みが良さそうなこの馬。
前走アーリントンCでは中団よりやや後ろに付け、直線はアンカツJの強引な追い込み。
それでも2着ならここでは上位です。
絶好の内枠を引き、手綱を執るのは田中勝春J。
内目で我慢し直線抜け出しが出来れば、自ずと結果はついてきます。

ミスターケビン
2戦2勝の戦績を見れば、速い流れで対応が可能なのは一目瞭然。
加えて北村宏司Jです。
日本にもようやくストームキャットの大物が登場です。

マイネルハーティー
現状スローでの追い比べがベストだとは思いますが、脚の使い処次第では速い流れも苦にはなりません。
朝日杯FSの再現が出来れば勝ち負けは当然です。

マルターズビクター
芝を使い出したここ2走が内容十分。
特にトップガンジョーに肉薄した前々走のような競馬が出来れば言う事はありません。

セイウンプレジャー
この馬も2戦2勝で、まだまだ伸びしろ十分。
初のマイルでの時計勝負も無難にこなしそうで、注意が必要です。

チアフルワールド
戦績を見ても判る通り、電撃戦よりも7Fの方が良さそう。
となればマイルでも触手が動くのは当然です。
今回は番手の競馬になりそうですが、速い流れでディープサマーを完封しているのには価値があります。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山吹賞

山吹賞.JPG

アクレイム
デビュー戦以来、まともな競馬が出来ていないこの馬。
今回は寒竹賞で手綱を執った藤田Jです。
デキ自体はかなり良く、ゲートさえスンナリ出ればここは力上位。

レイズユアドリーム
出遅れた前走の新馬戦。
それでも34.4の決め脚で勝ち上がりました。
今回は引退した岡部Jに替って、中山巧者の北村宏司J。
放牧明けの状態も良く、更に期待できます。

グルメスペシャル
昇級戦だった前走でしたが、それをモノともせず2着に好走。
楽に先手が取れそうな今回も、引き続きチャンスです。

シャコージャズ
先団でレースを進めた、前走水仙賞が実に味のある競馬。
先週から内ラチを移動した今の中山なら、再度粘り強いレースも可能です。

ヴェルティージュ
前走の水仙賞は5着。
ジリ脚のこの馬にとっては決して展開が向いていたわけではなく、よく掲示板に載ったなという印象。
平均ペースもありえる今回はチャンスありと見ます。

エアフォルツァ
前走で馬体が絞れた事で、動きに鋭さが出てきました。
ある程度先行でき、展開は向きそうです。

モリノミヤコ
前走は勝ち馬ウインストライダーと0.7差。
しかし相手が悪すぎた感もあり、仕方なし。
調子はすこぶる良さそうで、この面子なら食い込みも可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

マーガレットステークス結果

マーガレットステークス結果.JPG

斉藤四方司.png

1着はアイルラヴァゲイン
あまり競り掛ける馬がおらず、リッカバクシンオが作ったのは意外にも平均ペース。
前走とは異なり、道中は中団でスムーズに走りました。
得意の流れという事もあり、最後は34.3の末脚で他馬を圧倒。
57sも全く問題ありませんでした。
NHKマイルCに向け、上々の試走だったと思います。

2着はコパノフウジン
2番手からのレースを運び、最後は追撃するパルシェルをハナ差退けました。
勝ち馬からは離されましたが、やはり渋太い。
これなら今後も芝で活躍出来ます。

3着はパルシェル
牡馬に混じって紅一点、後方からのレース運び。
4角まで仕掛けを待つと、メンバー中2番目の34.4で豪快に伸びました。
次走は人気になるでしょうが、それに応えてくれるはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひめさゆり賞結果

ひめさゆり賞結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグタイガー
後方からレースを進め、3分3厘からのマクリ。
トップスピードに乗ると、最後の3ハロンは35.0という他の馬とは別次元の脚を使いました。
この馬が嵌った事は確かですが、さわらび賞のレースレベルが高かったという事でしょう。
この後は連闘でNZTか、それとも中1週でベンジャミンSか判りませんが、平均以上の流れなら上のクラスでも好勝負可能です。

2着はエアサバス
出遅れが響いたのも確かですが、中京記念のトレジャーといい今回といい、鹿戸Jは馬の特徴を考えて乗っているのかどうか…。
斬れる脚のないこの馬にとってはあの位置取りはナンセンスです。
期待の懸かる良血馬、今後は北村宏司Jで期待したいです。

3着は内からグイッと伸びたキングプログレス
キングヘイローの仔も辛抱強さが目立ちますね。
しばらくこのクラスでの戦いが続きそうですが、位置取り如何では引き続きチャンスはありそうです。
角田騎手の好騎乗が目立ちました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーガレットステークス

マーガレットステークス.JPG

ロードマジェスティ
今回は1400mで行きたがる馬も多く、57sの斤量も展開は向きそうです。
阪神コースとも相性は良く、オープン2勝目は目の前です。

コパノフウジン
前走のクリスタルCは意外にも平均ペース。
更に出遅れ。
それでも2着に粘ったのは粘り強さがあるからでしょう。
早い流れの予想される今回、より粘りが生きてきそうです。

アイルラヴァゲイン
出遅れに加え、向正面での不利が最後まで堪えた前走。
それでも3着まで踏ん張ったのは流石。
ただこれまで平均ペースより速い流れは未経験。
そのあたりが不安です。

ツルマルフェロー
なかなかアテにし辛い馬ですが、今回はチャンスかもしれません。
ジリで後ろからだと伸びず。
しかし今回は兄ファイター同様に手の合った小牧太J。
Hペース実績も豊富です。

ビッグファントム
前々に付けたあざみ賞以外はスローでサッパリ。
斬れる脚がないので、今回の距離短縮とペースアップがいい方に出そうです。

リードオフマン
兄シャンパンスノー同様、この馬も頭が高く気性に問題を抱えます。
それだけに1ハロンの短縮と速い流れは良さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

ひめさゆり賞

ひめさゆり賞.JPG

エアサバス
前走の0.8秒差6着は仕上り不足ではなく、スローな流れと大外を回った事が敗因だと思います。
出来れば北村宏司Jに騎乗して貰いたいのですが…。
ともあれ今回は先行激化で速い流れが予想されます。
偉大なる兄エアシャカールもその流れは得意でした。
遡ればブライアンズタイムを輩出する辛抱強い牝系。
それを象徴するのが出遅れた東スポ杯2歳Sでの4着でした。
こういった事も計算されているのであれば、納得の連闘です。

トウカイトリック
休み明けの前走は鋭い末脚を繰り出すも、エイシンニーザンのマイペース逃げにまんまと封じ込められました。
速めのペースは野路菊Sのみで6着に敗れています。
ただ前残りだった事を考えると、着差以上に上がり時計は評価に値するもの。
冬を越しての成長があれば、好勝負は期待できます。

ビッグタイガー
中間に頓挫のあった前走は粘り強く3着を死守。
ただ内々の馬場の良い所を回っていたので、過大評価は禁物。
また今週の追い切りは終いの時計が掛かり、ピリッとせず。
展開はかなり向きそうですが、前走ほど推せません。

ダイワヴィヴィアン
初芝の前走は上々の逃げ切り。
また新馬戦の内容からは好位に控えても良さがありそう。
Roberto系の真骨頂でもある粘り強さが引き出せれば、好勝負も可能です。

ロングタイキ
こちらも初芝の前走が上々の内容でした。
勝ち馬の異次元の走りからも更に評価出来ます。
今回はテンに速い馬が多く、前走のような位置取りが出来るか。
ただ前走から着用のブリンカーの効果がハッキリ現れているのは確かです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

山桜賞結果

山桜賞結果.JPG

長山尚義.bmp

1着はチョウサン
道中は逃げるメガトンカフェを射程圏に入れながら追走。
直線でも粘り強く、最後はアタマ差先着。
着差以上に勝負強さが目に付いたレースでした。

2着はメガトンカフェ
やはり終いに徹するよりも前で運ぶ方が良さそうです。
今回は非常に悔しい敗戦でしたが、こういうレース運びをしていればポンポンと勝ち上がっていけそうです。

3着はスイートアリッサム
前の2頭には大きく遅れましたが、前々走きさらぎ賞での6着は伊達ではありませんでした。
前走は平均ペースに泣かされましたが、スローであればこれ位は出来て当たり前といった結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

フリージア賞結果

フリージア賞結果.JPG

ウインRC.png

1着はウインストライダー
今回は逃げでなく、何と3角から早めにマクっての勝利。
それでいて最速の上がり時計をマークしているのですから恐れ入ります。
これなら上のクラスでも十分通用するはずですので、今後の活躍を期待したいと思います。

2着はロングタイキ
終始2番手追走でそのまま粘り込み。
勝ち馬には離されましたが、この馬も3着以下を突き放しています。
芝でも通用する事は判りました。
福島に転戦するようなら、キレイな馬場で楽勝も可能でしょう。

3着はモリノミヤコ
ハルウララの妹・タガノヒロインの追撃をアタマ差抑えて、何とか3着を確保。
粘り強さが身上だけに位置取りがもう少し良ければ、もっとやれました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別結果

雪割草特別結果.JPG

小田切有一.png

1着はイヤダイヤダ
中団を進み、4角から一気にマクリました。
他の馬よりも一歩手前で仕掛けたのが勝因でしょう。
ただ欲を言えば、もう少し前で道中進んで欲しかった気がします。
ともかく叔母のワナと違い、父サニーブライアンが前面に出た持続力タイプのようです。

2着はシルクタイガー
直線の伸びは流石と思わせるものでした。
ただコチラの方が4角でイヤダイヤダをしており、その分差し届かずという印象です。
とはいえ2勝目はもう目の前です。

3着はトロピカルシャドウ
直線思ったほど伸びませんでしたが、坂での粘り強さが目を引きました。
思うにもっと前で進めていればもう少し着差は詰まっていたはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:26| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリージア賞

フリージア賞.JPG

ウインストライダー
前に行きたい馬が多い今回、この馬もその1頭です。
今回も前走のようにHペース逃げ切りの可能性は大。
というのは血統構成の裏付けがあるからです。
父グラスワンダーの母Amerifloraと自身の母父デインヒルの血でDanzigを3x3、Northern Dancerを4x4x5、His Majstyを4x4、Natalmaを5x5x5、Raise a Nativeの5x5を作っています。
また牝系はエルコンドルパサーやSadler's Wellsと同じラフショッドの牝系。
少々のオーバーペースでも物ともしない、前走の内容が納得できる配合です。


モリノミヤコ
3前走から脚質転換し、先行が出来るようになりました。
またそれが次第に形となって現れています。
父タヤスツヨシ譲りの粘り強さで、ここも好結果が期待できます。

ホクセツバロン
デビュー以来コンスタントに出走し、使われつつ馬体が絞れてきました。
先行集団が脱落してくるようなら、この馬の出番です。

ニホンピロブレイブ
前走同様、まだピリッとしてきませんが、今回のメンバー構成なら多少の前進は望めるはずです。
その前走は想定していた流れよりスローになり、持ち味が活かせず。
小倉でレコード勝ちしているように、スピードの持続力勝負になれば…。

ロングタイキ
今回が芝での初めてのレースとなります。
さらにブリンカー着用。
新たな一面を出すかもしれません。

ロングゴージャス
ここまで2走はスローでの戦いでした。
オペラハウスとIrish Riverの配合なら速い流れで更にと思わせます。
叩き2走目、一変に期待です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別

雪割草特別.JPG

シルクタイガー
デビュー戦こそ惨敗したものの、2走目で勝ち上がり、前走デイリー杯2歳Sでは並みいる強豪の中で3着に飛び込みました。
今回は前走まで速くはならなさそうですが、ある程度のペースが見込めます。
態勢も万全で、自己条件のここなら再び直線一気の豪快な競馬が見られるはず。

イヤダイヤダ
今週は坂路でリンカーンを煽るほどの動き。
確かに相手は攻め駆けするタイプでありませんが、メンタル面で多少はプラスになりそうです。
またスローよりも平均以上の流れを前々で進めるのが向いていそうで、追える岩田騎手なら更に前進の余地があります。
母や叔母のワナ、叔父のヌチグスイから距離短縮は望むところです。

アブソルートダンス
北海道から転厩後2走目となります。
ダートの前走は大敗でしたが、ただの(地)馬だと思うなかれ。
道営時代は芝の(特指)競争で5・4着。
一度使った事で中央のペースにも多少はなれたはずです。
追える好調・和田騎手で一発を狙います。

トロピカルシャドウ
東京での新馬戦、道悪の前走ともに持続力の問われる条件で前々に付け、2・1着しています。
スッと先行できるセンス、そして持続力はここでも通用しそうです。

マイネマリスタ
デビュー以来短距離で頑張ってきました。
前走、前々走は重賞挑戦という事もあり大敗。
自己条件のここならもう少しやれそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

はなのき賞結果

はなのき賞結果.JPG

立花幸雄.bmp

1着はリッカバクシンオ
逃げたフラワリングバンクのハナを叩き、3角で先頭へ。
柴山雄一騎手の思い切った作戦でした。
その早めのスパートで終いは少しラップが落ちていますが、終わってみれば3馬身差。
仕上りに不満の残った今回でこれだけやれたのですから、次走では上積みも見込めます。

2着はプレミアシチー
ここまで1-1-1-0という戦績にも関らず、11番人気と低評価でした。
叩きつつ着順を上げてきましたので、この好走は考えられた事でしょう。
前崩れの展開を後方から追い上げる形になりましたが、前に付けてもいいタイプ。
次走も楽しみです。

3着はエムテイコウテン
赤木ジョッキーの乗り方は想像していた通り、好位グループの一番前。
コースロスなく、予定通りの入着という感じです。
次の番組は広いコースしかなさそうで、今回のような走りが出来るかどうか。
どのようなローテをとるのか気になります。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

はなのき賞

はなのき賞.JPG

サンタマリアガール
2戦目となった前走は、内枠と一気の相手強化が堪えて7着。
初戦の内容が素晴らしかっただけに案外な結果となりました。
今回も強力な同型がいますが、8枠15番という絶好のゲートからのスタートです。
当然揉まれる心配も無さそうで、左回りでモタれる面もマシになりそう。
また直前追い切りではCWを78.2で走り、具合も良さそうです。

フラワリングバンク
新馬戦では牝馬戦線で活躍中のモンローブロンドに0.3秒差。
それも直線で不利を被ってのものでした。
そして2戦目ではレコード勝ち。
近走は重賞・ダートでパッとしませんが、自己条件なら変り身の余地がありそうです。
今週は終いを伸ばす形で登坂。
攻め駆けしないこの馬の割には伸びました。

エムテイコウテン
追い切り・戦績ともにパッとしませんが、唯一連対しているコースに戻ります。
またヤネも赤木ジョッキーに戻り、展開にも恵まれそうです。
好位からの抜け出しに期待です。

ケイアイブーケ
実績的には最上位だと思うのですが、今週の追い切りが不満。
おそらく中京までの輸送を考えて手控えられたのでしょうが、果たしてそれがどう出るか。
また非常に小柄な馬ですので、道悪が堪えるかもしれません。

ビッグホワイト
フジキセキ産駒らしく、小回りが非常に巧み。
藤岡ジョッキーもインを付くのは上手いので、コース替りで巻き返してきそうです。

サザンバクシンオー
前走と違い、今回は厳しい展開になりそうです。
田嶋翔騎手ですので恐らく行くでしょうが、どこまで粘れるか。
今週調教では遅れたものの、終いまでシッカリ伸びて上昇が窺えます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

あざみ賞結果

あざみ賞結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグファントム
前が止まらないと解かっていた和田騎手の好騎乗でした。
終始2番手を追走すると、最後はグッと伸びて先頭でゴールイン。
斬れる脚が無いだけに、これまでは前崩れを待つ他力本願なレースでしたが前々で押し切るという新たな戦法を見出す事ができました。
ただ昇級後即通用するようには思えず、苦戦を強いられそうです。

2着はニシノカエデマル
こちらもジョッキーの好判断でしたが、惜しくもクビ差で敗れました。
これまでのレースよりも今日の乗り方の方が合っていそうで、次走も注目です。

3着はスズカローラン
こちらは逃げを狙っていたのでしょうが、ハナを奪われ4番手を追走せざるを得ませんでした。
とはいえ2着と3馬身も離されたのですから、現状力不足には変わりありません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄梅賞結果

黄梅賞結果.JPG

里見。.bmp

1着はサトノケンシロウ
やはり予想通り最内でジッと我慢し、抜け出すという形での勝利となりました。
Sペースより平均以上のペースで良さが出る馬なのでしょう。
次走中1週でスプリングS、もしくはNZトロフィーに出走してくるようなら引き続きチャンスがありそうです。

2着はコクサイトップラヴ
ハナを叩いての粘り込みでした。
ただ馬の力もあるのでしょうが、トラックバイアスの恩恵を受けていたので、中山で連戦となると今回のようには行かない気もします。
福島あたりに転戦するようなら再度チャンスはありそうです。

3着はガッテンワン
出馬表を見た時点で黄にはなっていたのですが、やはり来ました。
道中はサトノケンシロウをマークするような形で運びましたが、勝負処でもたついたのが着差にそのまま現れています。
ただ力のあるところは確認できましたので、引き続き追いかけてみたいと思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

あざみ賞

あざみ賞.JPG

ニホンピロブレイブ
デイリー杯2歳S以来の久々の登場となります。
その前走はHペースで息を入れて走れず、12着と惨敗でした。
しかしそれまでの3戦を見て判るように、息の入れ易い小回りコースや平均ペースが向いています。
今回はレキシントンルビーやスズカローランが引っ張りそうで、平均ペースが見込めます。
もし仮に遅くなりそうでも、本田騎手の事ですので自らハナを奪う事が考えられます。
開幕週の馬場を見方にしてトップで駆け抜けてくる可能性は大きいと思います。
あえて不満点を挙げれば、もう1本追い切りが欲しかった事です。

チョウノゾミ
ここまでダートでの1戦を除けば、実に堅実に走っています。
前走は出遅れて本来の競馬が出来なかったにも関らずレットバトラーの0.4秒差と、悪いなりに結果を出しました。
今回は初勝利を挙げた中京コース、しかもコース巧者の中舘英二騎手です。
引き続き好走が期待できます。

トーワヒコノ
前走のエルフィンSは昇級戦の上に相手が強過ぎました。
相変わらず調教ではタイムが詰まってこないものの、掲示板を外したのは前走のみ。
デビュー2戦はアフリカンビートやレットバトラーとそれほど差の無い競馬でした。
自己条件・1戦1勝の安田康彦騎手に戻って反撃といきたいところです。

ビッグファントム
レース中にハミを抜いたりまだまだ気性の若さを見せていますが、こぶし賞では2着に食い込んできました。
姉のキタノスザクが小回りで好走しており、中京コースで化ける可能性はあります。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄梅賞

黄梅賞.JPG

フサイチエーシック
3戦目初ダートとなった前走でようやく勝ち星を挙げ、再び芝に挑戦してきました。
デビュー2戦はいずれも今回と同じ中山のマイルで敗れています。
しかしながらともに勝ち馬は上のクラスで活躍しており、それぞれ0.2、0.4秒差ならここでも安定した走りが見られるはずです。
また先週のレースを見ても解かるように、前残りの馬場です。
ハナあるいは2番手でレースを進めるであろうこの馬にとっては、大きなプラス材料に違いありません。

サトノケンシロウ
今回が初めての中山での競馬となります。
ここまで3走はいずれも東京コース、その内容を見ると終いが斬れるタイプではありません。
今回は1-0-1-0と手の合っている北村宏司騎手で1番枠という事で、恐らく好位のインをジッと我慢して直線抜け出す競馬をするはずです。
北村騎手は追い込みのイメージが強そうですが、この手の乗り方が実に巧み。
その典型と言えたのが1回中山の若竹賞。
人気薄のライトニングボールをキッチリ2着に持って来ました。
この馬の持ち味を存分に活かしてくれることでしょう。

コクサイトップラヴ
中山コースはここまで0-2-1-0と、勝ち切れないものの適性を示しています。
これまでの内容はスピードを活かして先行するレースですが、決してハナにこだわる訳でなく、番手の競馬でも好走しています。
また父マイネルラヴの産駒は開幕直後の時計が出やすい馬場での好走例が多く、前述の前残り馬場と併せてチャンス十分です。

サジターリオ
1戦1勝でまだまだ判断の難しい馬ですが、近親にピルサドスキー・ファインモーション兄妹、3歳時から活躍を続けるヒューマがいる豪華な血統です。
前走は超スローを番手で追走し、ラスト半マイルを34.5で駆け上がってきました。
それだけに平均ペースの見込まれるここでは不安です。
しかしながらバックボーンからは却って前走より速い流れで前進する可能性があります。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

寒桜賞結果

寒桜賞結果.JPG

鈴木康弘.bmp

1着はエネルマオーでした。
今回は叩き2走目・芝替りでの一変ではなく、前があまり飛ばす展開にならなかったのが幸いしました。
依然時計勝負になると不安は残りますが、位置取りや脚の使い処次第で何とかなりそうです。

2着は好位で追走したコスモシンドラー
クビ差の惜しい競馬でしたが、予想していた展開と違ったのが誤算だったのではないでしょうか。
次走も引き続き主力候補です。

3着はケイアイメルヘン
こちらは芝戻り・距離短縮で前進しました。
同条件なら次走も好勝負必至です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あすなろ賞結果

あすなろ賞結果.JPG

深見富朗.png

1着はオープンエアーでした。
3角過ぎから進出し、4角でインを付いて一気に加速。
ミツワの追撃を凌ぎ切っての連勝となりました。
これで同厩のダンツキッチョウ、ロードマジェスティ、コンゴウリキシオーに続き、オープン入り。
山内研二厩舎、今年は好調です。

2着は後方から一気に追い込んだミツワスカイハイ
ゆりかもめ賞に出走した方が良かったかな?と思わせるほどの鋭い末脚。
次走、中京でなく阪神なら勝ち上がりは早そうです。

3着はマルブツダンディ
この馬も後方から追い上げましたが、前の2頭から大きく離されました。
1・2着以外は楽な相手でしたので、次走勝ち負けできるかというと疑問符が付きます。

このようにダンスインザダーク産駒の1・2・3でした。


blog Ranking追記
posted by 恐れ入ります at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。