2005年07月04日

ラジオたんぱ賞回顧

ラジオたんぱ賞結果.jpg
ラップタイム 12.3-10.9-11.3-12.0-12.0-11.7-12.0-12.4-12.6

サンデーレーシング.png

1着はコンラッド
後方14番手からの競馬で、3ハロン通過が34.5という超Hペースを一刀両断。
戦前、私はこの馬をヨーイドンの瞬発力勝負の馬だと決め付けていたようです。
その根拠としたのが新馬戦や前走での走り、そして2戦目の未勝利戦でした。
確かに前者から、本馬の能力がずば抜けていることは図り得ます。
しかし2戦目での敗因をシッカリ分析していなかったことが、この馬が勝つとうい事を見出せなかった最大の原因でしょう。
そのレースはと言うと、中山のMペースを3角から仕掛けて終い垂れるという結果。
次のレースからは鞍上が柴田善臣騎手から横山典弘騎手に乗り替っており、前3走が先行しての競馬であっても、後方一気で差し切りというのは容易に想定できたはずです。
レース後のコメントに"ドンピシャだった。"とあるように、横山典弘騎手は初めから腹を括っていたというよりは自信があった事が窺えます。

2着はトーセンロッキー
この馬も後方からの決め脚でしたが、コチラは戦法が読めていました。
展開を考えれば、後藤ジョッキーはこう乗るであろうと。
そして何よりも速い流れになった時のこの馬の底力は素晴らしいものがあります。
展開に頼る面が多そうな馬ですが、初勝利を挙げた時の様にSペースでもマクっていける器用さを持っています。
菊花賞でも流れ次第で好走しそうな予感です。

3着はエイシンサリヴァン
コチラは明らかに嵌ったという感じ。
前の馬が総コケしてくれたお陰でした。
決め手はあるのですが、やはり仕掛け処の難しい馬です。

本命に抜擢したトップガンジョーは5着。
3角過ぎは抜群の手応えでしたが、如何せん仕掛けが早すぎました。
余裕があっただけに悔やまれます。
とはいえ勝ちに行く競馬をしてこの着順なら上等でしょう。


blog Ranking tbfgreen トラセン
posted by 恐れ入ります at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ラジオたんぱ賞

ラジオたんぱ.jpg

トップガンジョー
ワンダー、シルクR、プリュネル、さらにはDティンパニーなど、行きたい馬が勢揃い。
3ハロン通過が36秒前後のHペースではないかと睨んでいます。
そうなればこの馬が抜群の安定感を誇ります。
3前走のスプリングS、前走のエーデルワイスSは勿論の事、距離は短いものの春菜賞の勝ちっぷりが光りました。
好位で我慢して抜け出せるセンスの良さは小回りで更に活きるはずです。

チョウサン
青葉賞4着もさることながら、前で引っ張った山桜賞が印象的でした。
先行力を活かしての抜け出しに期待。
無理に行かなければ大崩れはないと見ています。

ピサノグラフ
展開を問わず、大崩れがないのがこのうまの特徴。
裏を返せば決め手を欠くという見方も出来ますが、ここまでの戦績は母の名に恥じないものです。
辛抱強さも兼ね備えており、前走のような乗り方ではなく好位で流れに乗って欲しいと思います。

トーセンロッキー
ここ3走で着実にレベルアップ。
特に前走での粘りには目を引くものがありました。
そこから間隔が開きましたが、乗り込み入念。
人気薄でも妙味ありです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:57| Comment(3) | TrackBack(3) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

かきつばた賞

かきつばた賞.jpg

マルカフレンドリー
2500mという長丁場ながら、先行激化でピリッとした流れになりそうです。
前走は2000m、それも3ハロン通過が34.3という厳しすぎるレース。
しかし前々走のように長丁場で多少の息が入ればこの馬が一番のように思います。

バトルブレーヴ
距離が延びるにつれ着順が上がり、前走でようやく勝利。
それも前で引っ張っての勝利には価値があります。
ここでも遜色はないはず。

チョウノゾミ
長丁場の安定勢力で、あとひと押しといったところ。
能力的には通用して当たり前ですが、予想される3ハロン通過35秒台で上手く立ち回れるかどうかが鍵です。

カネトシスマイル
引っ張っての前走の勝ちっぷりが上々。
このメンバーなら昇級でもやれそうで、むしろ人気のフサイチよりは脈ありと見ています。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

ガーベラ賞結果

ガーベラ賞結果.bmp

河内孝夫.bmp

1着はクロユリジョウ
意外にもレースは前半3F通過が36.9という、スローな流れになりました。
4番手に位置取ったこの馬は37.4で3Fを通過。
直線に入ると34.1の末脚で抜け出しました。
今回の流れは未経験で、新たに好位からの抜け出しというこれまでになかった走りができたのは大きな収穫だったと思います。

2着はレッドビームシチー
これまで3走はいずれも速い流れでした。
今回3Fを37.1で通過することで、ラストは34.4。
未経験の流れでこれだけ結果が出せましたので、陣営としても選択肢が広がったことでしょう。

3着はフサイチセイシロウ
今回は出遅れず、クロユリジョウの直後を追走する形。
終い34.1の脚を使いながら、僅かに及ばず。
とはいえ前走に続いて前半37秒台で走り、ともに3着。
この流れに適性があるのは確かでしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 06:12| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ガーベラ賞

ガーベラ賞.jpg

クロユリジョウ
エフテー、タイムの競り合いで3F通過は35秒台前半必至。
2前走のあやめ賞は0.7秒差3着に敗れたものの、ここでの能力は首位です。
2度目の武豊ジョッキーならキッチリ決めてくれそうです。

サキノリュウオー
ここ4走が実に安定。
逆を言うと勝ち味に遅いのですが、どこからでもコンスタントに走れる自在性は魅力。
ここでも当然、好勝負が期待できます。

ビッグサウンド
屈腱炎から立ち直り、7ヶ月半ぶりの競馬。
調教からはまだ仕上がり途上です。
しかし新馬戦と同じだけ走れば、ここでも通用。
馬がパワーアップしていれば突破も可能です。

ウィストラム
こちらも新馬戦の内容が光ります。
前走は大きく敗れましたが、明らかに消化不良。
ここでの巻き返しは当然です。

フサイチセイシロウ
評価すべきは前走より前々走。
出遅れさえなければ食い込み可能です。

サンオブヘブン
前走シンガリ負けで全く冴えませんでした。
ただ展開が不向きだったのは確かで、4前走のように嵌れば怖い存在です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

こけもも賞結果

こけもも賞結果.bmp

内村正則.png

1着はトウカイトリック
マイネルの作った流れは前半3F36秒フラット。
先頭を見る4〜6番手の好位でレースを進め、ラストは34.9の末脚。
他のエルコンドルパサー産駒とは違い、どちらかといえばSilver Hawkの良さが出ている印象です。
イメージ的には古馬オープンのトレジャーに近い競馬の出来るタイプではないでしょうか。
ラジオたんぱ賞にでも進むようなら好走が期待できます。

2着はテイエムハヤブサ
2・3番手からの競馬。
他の行った馬がバテる中、ラスト35.4と渋太く粘りました。
GT馬の姉とは違い、速い流れでのこういった雪崩れ込みが合っていそうです。
中京にでも転戦すれば面白いかもしれません。

3着はヴェルティージュ
後方からの競馬も、勝ち馬と同じ上がり時計では当然勝てません。
直線の長い新潟でこの結果ですから、今後もあと一息の競馬が続きそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牡丹賞結果

牡丹賞結果.bmp

ゴールドHC.bmp

1着はゴールドルパン
先頭が35.6で3Fを通過する中、後方3番手からの競馬。
4角まで待っての追い出しで、ラストは34.2の決め脚でクビ差制しました。

2着はアジャリ
1ハロン目は他馬の出方を窺い、2ハロン目から一気に加速。
数少ないスピードワールド産駒ですが、確実に父の速さを受け継いでるようです。
さすがにラストは甘くなりましたが、今後に向けて収穫のあるレースでした。

3着はノーヴァーチャル
道中はゴールドよりいい位置、終いも34.3でしたが、4角で仕掛けを待ったのが敗因。
当然次走での巻き返しに期待です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

葵ステークス結果

葵ステークス結果.bmp

シンボリ牧場.png

1着はシンボリグラン
4番手追走、4角で3番手に押し上げるとラストは34.9。
前が速かった事もあり、スッと折り合い、気持ち良く走れました。
流れ次第では、当然マイルでも通用します。

2着はジャズファンク
勝ち馬との差は4角での位置取り。
しかしながら、休み明けだった前走からは確かな上積みが見られました。
タイムも休み前より詰めています。

同じく2着はマイネルアルビオン
5番手追走からラストは34.5の脚。
懸念された距離もこれくらいなら問題無さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロベリア賞結果

ロベリア賞結果.bmp

山元哲二.png

1着はダンツタイガー
終始先頭でレースを進め、3Fを36.3で通過。
前走から1F短縮も、同じく終い34.8で纏めました。
前々走も3F通過が36.3でしたが、今回のようなユッタリした展開の方が良さそうです。

2着はカフェリバティー
2番手追走から、ラスト35.1。
今回はダンツに着いて行った事で終いの脚がなくなったようです。
今日のような流れなら、ベストは中団からの差しでしょうか。

3着はナイキウェルカム
6・7番手からの競馬。
終いに懸ける作戦で34.6の脚を使いましたが、届かず。
これまでのダートでの走りから、好位抜け出しが合っていそうです。
武豊騎手からの乗り替りがあるようなら、要注意です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

葵ステークス

葵ステークス.jpg

シルクタイガー
リッカをケイアイが追う展開で、3F通過は34秒前半か。
その流れを経験してなくとも、後方待機からの切れ味で押し切れそうです。

シンボリグラン
前走は距離短縮で一変。
マイルまでなら持ちそうで、7Fの今回も問題無さそうです。
また同じく前走から装着したブリンカーの効果は大きいようです。

ジョウショーツリー
園田からの転厩緒戦ですが、前走の忘れな草賞が内容の濃い4着。
また2月の500万下でも勝利しており、
距離短縮で粘り強さを活かせるようなら、上位争いも可能です。

リッカバクシンオ
デビュー以来、実に堅実。
勝ち負けとなると厳しそうですが、3着争いならありそうです。

マイネルアルビオン
常にレベルの高いレースに出走。
1F延長が鍵も、能力なら負けていません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロベリア賞

ロベリア賞.jpg

カフェリバティー
どれが行くのか分かりませんが、36秒後半から37秒あたりで3Fを通過しそうです。
デビュー戦の前走は痛恨の出遅れ。それでもキッチリ差し切りました。
前半でかなり脚を使ったでしょうし、若干のペースアップも問題無しだと思います。

ナイキウェルカム
初めての芝となりますが、戦績からは実力上位。
ここは能力だけで勝ち負けできるのではないでしょうか。

スズカローラン
前走フローラSは収穫の多いレースでした。
今回は流れに付いていけるかが問題ですが、
引き続き東京コースならそれなりの結果を残しそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あずさ賞結果

あずさ賞結果.bmp

大沢毅.png

1着はマルブツライト
前半3Fは35.7と想定通りも、何とエレスサールの逃げ。
今回は安藤勝己騎手に乗替り、後方に控える競馬になりました。
直線に入るまで仕掛けを待ち、ゴーサインが出ると34.0の切れ味。
これまでのイメージを一蹴するような勝利でした。
中京なら前走のような作戦が良さそうですが、阪神ならこの作戦が活きてきそうです。
次走以降も要注目。

2着はエイシンインパール
こちらは更に後ろ、最後方からの競馬。
勝ち馬の方が位置、仕掛け処が良く、折角の33.8の末脚を使うも僅かに届かず。
とはいえ終い確実に伸びるので、このクラスはすぐに突破できるはずです。

3着はクロユリジョウ
同じく後方の競馬。
今回も34.3という鋭い末脚で、ようやく本格化したようです。
このクラスは限定戦ならアッサリ突破出来るでしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆきつばき賞結果

ゆきつばき賞結果.bmp

臼田浩義.png

1着はナチュラルメイク
想像していた展開とは異なりアース、エレガント、そしてストーンが行く形。
先頭の3F通過は34.2、6番手から4番手に押し上げ、終いは35.3。
前残り馬場でしたが、力通りの勝利だったと言えます。
これで中央移籍後、やっとの勝ち鞍です。

2着はストーンブリッジ
前走と違い、積極的な競馬。
前半行った分、終いは甘くなりましたが、着々と力を付けています。
また脚質が若干広がった事で、次走以降も大きな強味となりそうです。


3着はロードセレブレイト
これまで芝では1度走り、良い結果が残せていませんでした。
今回は後方待機策が候を奏し、ラストは最速の34.8。
ただこれがいつも嵌る訳でもなく、今後も苦戦を強いられるはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あずさ賞

あずさ賞.jpg

マルブツライト
ダートからの転戦馬がいて流れが掴み難いのですが、
テイエムが行けば35.5前後で3Fを通過しそうです。
前走でも示した通り、この馬はそれくらいの流れが得意。
能力的にも新馬戦でディアデラノビアの2着しており、
ここでは上位のものがあります。

トロピカルシャドウ
ここ2走は出遅れるも、確実に差してきています。
ゲートがスンナリならアッサリも。

エイシンインパール
芝ではユッタリした流れしか経験していませんが、
4走前のダート戦がピリッとした流れでアグネスジェダイの0.3差。
ここで巻き返しても何ら驚けません。

エレスサール
ここまで5走していますが、中でも3走目の未勝利戦が光ります。
ジョッキーがジョッキーだけにアッサリ差し切りの可能性も。

クロユリジョウ
差す競馬がすっかり板に付いてきました。
2Fの距離延長ですが、嵌れば破壊力一番です。

ワンダーガジ
先行激化ならこの馬もチャンスあり。
前走の内容なら上位に顔を出す事も。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆきつばき賞

ゆきつばき賞.jpg

ナチュラルメイク
セイウン、トウショウを交わしてワンズが行けば3F通過は34秒を切るくらいか。
そうすれば直後に付けるこの馬が非常に有利です。
芝・ダート問わず対応出来る力、ここでは明らかに上位。

タイニーウイナー
新馬戦以来の先行激化が期待できます。
近走はイマイチですが、素質は上位。

ストーンブリッジ
前走での巻き返しが圧巻。
今回は少しペースアップしますが、以前に経験済です。
本格化したとすれば、アッサリも。

アースシャープ
頭が下がるほど堅実な馬です。
相手なりにコンスタントな競馬が続きますが、今回は嵌る可能性もあり。
甘く見ると痛い目に遭うかもしれません。

トウショウカレッジ
ひと叩きした事で、確実に上昇しています。
時計に対応できれば、上位争い可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

NHKマイルカップ結果

NHKマイルカップ結果.bmp

大澤繁昌.bmp

1着はラインクラフト
スタート直後にディープとビッグが互いの出方を伺い、1ハロン目は12.5。
それを察知してか、同厩舎のエイシンヴァイデン&武幸四郎騎手がハナに立つ見事な援護射撃。
想定より稍遅い35.5での3F通過でしたが、以後はピリッとしたラップになりました。
そうなれば4番手に付けたこの馬のもの。
ユーイチ騎手も冷静で、仕掛けをジッと我慢。
4ハロン標識を過ぎたあたりから仕掛け、ラスト3Fで33.6の脚を使えば、
後続が届くはずもありません。
全く持って完璧な競馬でした。お見事。

2着はデアリングハート
終始ラインをマークする形の5・6番手。
後藤騎手もライン有利の図式が見えていたのでしょうか。
直線もほぼ同じくして仕掛け、終いは33.8。
前走同様、勝ち馬との力差はハッキリしてしまいましたが、
牡馬相手に健闘したこの馬にも拍手を送りたいです。
また懸念された馬体重は+4の422kg。
初の長距離輸送も問題なかったようです。

3着はアイルラヴァゲイン
この馬は更にそれをマークする形。
直線では2位タイの上がり時計をマークするも、
前半での僅かな差がそのまま2着とのクビ差になりました。
とはいえ、今回のメンバーでは牡馬ならマイル適性は一番でしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:30| Comment(0) | TrackBack(5) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若鮎賞結果

若鮎賞結果.bmp

中村博亮.bmp

1着はテンイムホウ
コスモが控え、3ハロン通過は36.1と緩くなりました。
道中は7番手を追走し、終い34.1の末脚で差し切り。
他の馬より前半でいいポジションを取れたのが勝因でしょうか。
初芝でこれだけやれたのですから、次走は更に上積みがありそうです。

2着はコスモキャンディス
今回は2番手を追走。
折り合って終いも踏ん張りました。
脚質に幅が出てきたようで、今後の走りに注目です。

3着はフサイチセイシロウ
終いよく伸び、33.7は最速。
ただ本音はもっと速い流れになって欲しかったはずです。
とはいえ東京の長い直線はプラスでした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ.jpg

ラインクラフト
ビッグ、ディープが行くなら3Fは35秒フラットあたりか。
とすれば、この馬は前走分だけ走ればいい訳です。
脚質にも幅があり、巧く立ち回れる馬なので、
余程の事が無い限り惨敗はありえません。
決め手も上位のものがあります。

アイルラヴァゲイン
この馬の前走もラインと同等の評価が出来ます。
1ハロン延長云々は新潟2歳Sで経験済みで、好位からなら鋭く伸びます。
父と同じ舞台での戴冠も十分ありえます。

パリブレスト
引っ掛かり癖のあるこの馬にとってはここ2走の距離延長が堪えたようです。
中間はセーブ気味に調整されており、激戦の疲れもそうないでしょう。
またクロッカスSでは既にディープサマーとの決着は済んでおり、
似た流れなら当然復活もあります。

シルクトゥルーパー
ここ2走や昨秋のきんもくせい特別の内容なら通用しそうです。
終いの切れが身上なだけに、初の東京コースも大歓迎でしょう。

ペールギュント
今回は朝日杯FS以上の厳しい流れになります。
この馬には未経験の流れ。
戦績からは3F36秒ぐらいの方が向いていそうで、苦戦を強いられるかもしれません。
とはいえ今回は武豊騎手で侮れません。

マイネルハーティー
この馬もペールギュントと良く似た流れがベストに思えます。
また中山の方が向いていそうで、いかにしてタフなレースに絶えるでしょうか。

デアリングハート
ラインと接戦を演じている当馬にも当然チャンスがあるわけで、
4角でロスなく回ってくれば粘り込みは十分です。
ガサの無い馬で輸送が良いとはいえませんので、やはり当日の馬体重・気配には注目です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:13| Comment(0) | TrackBack(10) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若鮎賞

若鮎賞.jpg

メジロスパイダー
恐らくコスモの逃げで3F通過タイムは35.5ぐらい。
ともなれば前走で抜群の伸びを見せたこの馬の確勝機でしょう。
東京コースも2度経験済みで0-1-1-0と好相性です。

フサイチセイシロウ
確実に差して来るものの、あと一歩届きません。
終い一手の脚質も、直線の長い東京へのコース替りで何とかしたいところ。
これまでの戦績からは展開不問だと思います。

テンイムホウ
ピクシーダストなどの人気馬を抑えて勝った新馬戦が印象的。
ここ2走は良いところがありませんが、初めての芝で新味が引き出せるかもしれません。

コスモキャンディス
前走の3着は実に内容の濃いもの。
ここでも逃げ粘れるだけの力はあります。

ウィストラム
3度走って福島での好走が目立ちます。
掛かりの良いタイプのようにも思えが、展開は向きます。
首位争いは厳しくとも、3着争いならありそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

はやぶさ賞結果

はやぶさ賞結果.bmp

吉田勝己.png

1着はフラワリングバンク
やはり1000mになると強く、終始先頭で走り、そのままゴールイン。
今後は番組選びに苦労しそうで、夏の新潟までそのスピードに再会する事はないかもしれません。

2着はストーンブリッジ
中団からのレース。
ラストは最速の33.0を使いました。
これまでの戦績からは考えられない好走でした。

3着はキタサンジェミニ
中央転厩3戦目で、今回は好位からの差しという作戦を取りました。
戦前陣営が示唆していたよりはやや前目になってしまいましたが、
脚質に幅が出てきたのには収穫あり。
次走以降も目が離せません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。