2005年04月10日

山藤賞結果

山藤賞結果.JPG

後藤繁樹.png

1着はスイートアリッサム
コスモスパーブが4番手に控え、予想外のスローペース。
そうなればこの馬にとって願ったり叶ったりで、後方集団から34.0の決め脚を使いました。
着差以上に強い内容で、次走以降も楽しみです。

2着はドクターグリム
好位から直線抜け出しこの馬も伸びましたが、勝ち馬の方が上手。
流れが落ち着いた事も影響したのでしょうが、次走も引き続き上位争いです。

3着はコパノスイジン
番手の競馬で前走若葉Sからの巻き返し。
時計面で課題が残り、現状スローを前で粘る戦法がベストでしょう。
次走以降も展開の助けが必要です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザレア賞結果

アザレア賞結果.JPG

大沢毅.png

1着はマルブツシルヴァー
初の芝となりましたが、本馬場での調教で見せた怪時計の通り、ブッ千切りで1着。
スローペースを2番手で折り合い、最後は34.7の最速タイで上がってきました。
それでいて手応えは残っており、後続は届くはずもありません。
遅い流れも問題ないようですが、これまでのダートでのレースっぷりからは速い流れで更に変身が見込めそうです。

2着はニシノカエデマル
前走あざみ賞で見せた新戦法はここでも通用しました。
現状はこういう走りがベストのようで、このクラスなら引き続き好勝負可能です。

3着はトウショウパワーズ
中団からよく伸びて34.7の末脚を使いましたが届かず。
切れてこの程度なので、今回は位置取りが悪かったと思います。
前に付ければもっとやれる馬です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山藤賞

山藤賞.JPG

ドクターグリム
前々走から好位に付ける競馬を試み、この2走はともに差の無い3着。
しかも勝ち馬がダンスインザモア、ミスターケビン。
1番ゲートという絶好枠を引き当て、直線で抜け出しを図ります。
馬群を割る競馬もしているので、インで包まれても問題無いはずです。

カゼノユクエ
昇級後はあまりパッとしませんが、平均ペースでの切れ味は随一。
カウンタックが取り消した事で9頭立てとなり、馬群を捌きやすくなったのは確かです。

スイートアリッサム
ここまで5走スローペースしか経験した事がありませんが、前走では出遅れて追走に脚を使いながらも3着。
流石一線級を相手に好走しているだけの事はあります。
これなら速い流れにも対応できるのではないでしょうか。

コスモスパーブ
今回は楽に先手が取れそうで、持ち前の粘りを活かす絶好の機会です。
前々走だけの終いの脚が使えれば好走可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

アザレア賞

アザレア賞.JPG

アドマイヤタカ
ここ2走は後続馬から目標にされるレースで案外の結果。
しかし今回、陣営は控える競馬を仄めかしています。
後方からなら、より切れ味に磨きが掛かる事が予想されます。
また今週はCWで厩舎の大先輩アドマイヤビッグの内に併せての調教。
クビ差遅れたものの、手応えはコチラの方が楽でした。
巻き返しは当然です。

グッドネイバー
前走の若葉Sでは、あと少しで皐月賞への権利を逃しました。
強い競馬だったのですが、やはり詰めが甘く相手ナリの感。
長く良い脚が使えるのは事実ですが、決め手にやや欠きます。

リアルコンコルド
前走の時計が平凡すぎて、まだ掴み処のない馬。
ただデビュー戦で使った決め脚は脅威で、後方待機策なら勝ち負けまでありだと思います。

トウショウパワーズ
鋭い決め手が無く、現状は先行押し切りがベスト。
ただ前走敗れたエイシンニーザンが若葉Sでサッパリ。
相手関係は前回よりやや厳しくなりました。

マイハッピークロス
ここまで後方待機の競馬。
全兄マイソールサウンドのように先行策が良さそうです。
本田優Jの手綱捌き次第では好走も可能。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

毎日杯結果

毎日杯結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はローゼンクロイツ
好位から進み、3分3厘あたりから進出。
アンカツJが追えば追うほどにグングンと加速し、終わってみれば完勝でした。
本番・皐月賞ではどのように時計勝負に対応してくれるでしょうか。
非常に楽しみです。

2着はコスモオースティン
逃げの競馬が随分と板に付いてきましたが、終いの甘さは相変わらず。
それでも並みいる重賞経験馬たちを抑えての2着は立派。
これで皐月賞出走権をほぼ手中にしました。
ただ個人的には青葉賞に向かって欲しい気がします。

3着はコンゴウリキシオー
満を持しての出走だっただけに、まさかの3着。
3番手追走からの競馬も、全く良さが見られませんでした。
前走から一気に相手が強化した訳でもなく、今回は展開に敗れた印象。
番手で展開に左右されるよりもむしろ、逃げて自らの得意とするペースを作った方が良かったと思います。
今後強豪と戦うには、そういった作戦も必要になってきます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

スプリングステークス結果

スプリングステークス結果.JPG

木浪巌.bmp

1着はダンスインザモア
後方からレースを進めるも、3角手前から早くも進出開始。
直線は馬群を縫うように伸び、後続を振り切ってゴールイン。
展開に恵まれた事も確かですが、前走でサトノケンシロウを後方から差し切った能力は本物です。
本番に向け、楽しみな1頭が現れました。

2着はウインクルセイド
最速の上がりタイムで駆け上がって来たのですが、1馬身差敵わず。
やはり仕掛け処が遅すぎ、大外を回ったのがそのまま着差に表れました。
中山への適性は証明できましたので、あとは何処で脚を使うかが本番での課題です。

3着はトップガンジョー
5番手追走から道中進め、4角手前で一気に進出。
さすがに最後はお釣がなくなりましたが、辛抱強く3着確保。
ロベルト系の持ち味を上手く引き出した、必殺仕事人・武豊らしいレース運びでした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:14| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若葉ステークス結果

若葉ステークス結果.JPG

近藤利一.png

1着はアドマイヤフジ
好発のあと有力各馬が控えるのを見て、あまり内目に付けず直線抜け出しやすい位置へ。
4角手前でゴーサインが出ると、これまでに無いスムーズなコーナリング。
ここでユタカジョッキーは直後に迫っていたタガノを弾くかのように少し外目へ。
直線先頭に立つとインタビューにもあった様に、ソラを使う処も。
今後の課題はいかに気を抜かずに走るかでしょう。

2着はタガノデンジャラス
アドマイヤをピッタリマークし、同じく4角手前でゴーサイン。
外に振られたものの最後方でなく勝ち馬を追走し、壁を作らず馬場の良いところを通ったのが切符を得れた事に繋がったと思います。
本番は僚馬アドマイヤジャパンとの参戦。
管理する松田博資調教師は満面の笑みだったそうです。

3着はグッドネイバー
最速の上がり時計を使いながら、僅かに皐月賞への出走権を逃しました。
速めに進出し、直線で外目を通っていればと思わせる結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリングステークス

スプリングステークス.JPG

パリブレスト
マキハタ、コクサイ、アグネスの行く展開ならかなり速くなりそうです。
前走で1400mのクロッカスSを好位から差し切りました。
今回も好位で我慢し、抜け出す競馬に期待です。

ペールギュント
こちらもデイリー杯2歳Sや朝日杯FSで好走しているように、速い流れはお手のもの。
後方からいかに馬群を捌いてくるかが鍵になります。

ヴァーミリアン
ここまで4戦4連対と安定した戦績。
ただMペースの萩Sでは明らかに格下のテイエムヒットベに敗れました。
また今週の追い切りは全体では好時計を出したものの終い頼りなく、レースでどうでしょうか。
ここで終いズルズル下がってしまうようなら、本番は厳しいものとなります。

ウインクルセイド
葉牡丹賞の内容が良かったのですが、前走京成杯は案外の結果。
道悪が影響したのでしょうか。
とはいえ父の産駒が得意とする速い流れが予想され、良い結果が得られるかもしれません。

カンペキ
折り合いに難のあるこの馬にとって、今回は能力がフルに発揮できる舞台だと思います。
中山も得意としており、侮れません。

ディーエスハリアー
持続力が問われるなら、半姉にエリモシック・ピクシーを持つこの馬にもチャンスあり。
好位でのレースも板に付き、それが今回爆発するでしょうか。

ダンスインザモア
この馬も持続力があります。
2勝はともに道悪と、相当なスタミナを秘めているようです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

若葉ステークス

若葉ステークス.JPG

アドマイヤフジ
テイエム・ケイアイの飛ばしそうな今回、長くいい脚を使うもののやや他力本願な所のあるこの馬にとっては願ったり叶ったり。
前走きさらぎ賞では圧倒的に前有利の展開も、コンゴウリキシオーやマキハタサーメットに後方から一気に詰め寄りました。
この中間は更に攻めを強化し、態勢は万全。
京都に比べ、デビュー勝ちの阪神なら直線の坂で更に強さを増しそうです。

シックスセンス
後方で溜める競馬を確実に身に付け、毎回コンスタントに速い上がり時計を繰り出しています。
ただヨーイドンで脚を使うのは上手ですが、マクっていった時にそれが使えるか。
もしくはまたも直線だけの競馬をするのか。
いずれにせよ、四位騎手の手腕に懸かっています。

グッドネイバー
上がり3ハロンに注目するとそれほど速いタイムは持っていないのですが、早めから長くいい脚を使ってここまで安定した成績を残しています。
今回は展開が向きそうです。
ただ、今週は思った通りの調教が出来なかったのが誤算。
それがオーバーワークになっていなければ良いのですが…。

マイネルハーティー
このメンバーなら実力は最上位。
ただ今回は2000mという距離がどうか。
展開面でもスローのヨーイドンが向いていそうなだけに、少し不安です。

タガノデンジャラス
マクリの競馬ならこの馬&安田康彦騎手にも出番があるかもしれません。
前走は出遅れたものの、後方から一気に差し切り。
また中京2歳Sでも同様に、マクリで2着に入っています。
中間は例によって終いを伸ばす調教でした。

テイエムヒットベ
ここのところ思うような成績が上げられていません。
しかし2番手を追走した前走のきさらぎ賞では内容の濃い5着。
立ち回り次第では十分通用します。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:59| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

クリスタルカップ結果

クリスタルカップ結果.JPG

深見敏男.bmp

1着はディープサマー
新馬戦でストーミーカフェに大差で勝ち、函館2歳Sでアンブロワーズの2着、朝日杯FSで0.6差の6着、シンザン記念でペールギュントの0.4差4着と流石に強い相手に揉まれてきただけの事はありました。
終わってみれば圧勝です。
ここまで2-1-1-4の内、1200mでは2-1-0-0。
フルに力を発揮できる距離は1200mという事でしょうか。
現状、6ハロン戦では敵なし。
ただ距離延長となると、依然疑問符が残ります。
今後のローテが気になります。

2着はコパノフウジン
芝では新馬戦2着、朝日杯FSで12着と振るいませんでした。
それはダートでも言える事で、未勝利戦を勝った後はもちの木賞でキャントンガールに完敗しています。
しかし年が明けて飛梅賞で1着、バイオレットSでダート4連勝・ドンクール2着とまるで別馬のように成長したようです。
なるほどの2着。
距離はまだ未知数の処が多いですが、出て来ればニュージーランドTでも面白い存在になるかもしれません。

3着は圧倒的1番人気のアイルラヴァゲイン
チグハグなレースであったのと同時に、今回は相手が強かったという事でしょう。
何とか追い上げましたが、完敗でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:42| Comment(0) | TrackBack(3) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタルカップ

クリスタルカップ.JPG

アイルラヴァゲイン
圧勝だったクリスマスローズS以来の登場となりますが、臨戦態勢は整った模様です。
今週水曜は古馬1000万クラススターオブニルスと併せ、楽に先着。
相手が一杯に追われたのに対し、馬なりで好タイム。
力関係でもここは最上位ととれるだけに、大きな崩れはないはずです。
あとはペースに対応しきれるかでしょう。

チアフルワールド
前走クロッカスSは逃げに近い先行で最後までシッカリ伸びるという、非常に内容のあるレースでした。
安定して走れる強みはここでも大きな武器。
1番人気で大きく敗れたクリスマスローズSの雪辱を果たせるでしょうか。

エネルマオー
ここで上位の走破タイムこそないものの、叩き3走目・初の中山コースで変わりそうです。
前崩れの展開で前走見せた切れ味が活かせるようなら、勝ち負け出来ていいかと思います。

セレスエンブレム
ダートで連勝し、2戦2勝。
また先週・今週と栗東坂路で古馬に先着。
能力はかなりのものを秘めていそうです。
芝もこなせるようなら、上位に顔を出してもおかしくないと思います。

マイネルアルビオン
クリスマスローズSではアイルラヴァゲインの3着。
前走は距離が長かったのか、惨敗。
当然ここは巻き返してくるでしょう。
絶好調の松岡正海ジョッキーが前に付けるのか、中団から差すのか。
注目です。

フサイチアンテウス
ジュニアC以来の芝でのレースとなります。
デビュー戦で見せた決め脚が嵌れば、ここでも通用しそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆきやなぎ賞結果

ゆきやなぎ賞結果.JPG

伊吹.bmp

1着はイブキレボルシオン
逃げるアドマイヤタカを終始マーク。
相手がバテるのを尻目に力強く伸びました。
これまで後方からの競馬で思うように結果が残せていませんでしたが、今回は一変先行策で新境地を開きました。

2着はインティライミ
後方からマクって悔しいクビ差。
ただこの距離も問題なく、今後に大きな期待の持てるレースでした。

3着はケージーツヨシ
こちらもインティライミと同じようなところから仕掛けましたが、一歩遅れた分が着差に出てしまいました。
とはいえ、こちらも次走は勝ち負け。
このメンバーでこれだけやれたのは評価できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

ゆきやなぎ賞

ゆきやなぎ賞.JPG

アドマイヤタカ
前走すみれSは勝ち馬を負かしに行っての敗戦。
その勝ち馬のレベルを考えると上々と見るのが正しい判断かもしれません。
自分の競馬をすれば後続の追撃も振り切れそうです。

インティライミ
今週は重賞2勝馬サクラセンチュリーを相手に余裕残しの先着。
それも終い11.7という破格の内容。
DWコース3週連続80秒台で、調教だけなら◎です。
デビュー戦のタイムはアテにならないので、今回レースに行ってどうか。
道悪は走る一族ですので、雨が長引けばチャンスです。

メガトンカフェ
休み明けの前走は、終い切れるも前残り馬場に泣きました。
今回は1度叩いた効果が窺え、前走ほど前が止まらないということも無さそうですので期待できます。
まだまだ血統だけで走っているような気もしますが、チャンスは十分です。

ケージーツヨシ
前走は、休み明けの追い不足を考えると上々の内容でした。
粘る脚も切れる脚もあり、展開に左右される事も無さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

弥生賞結果

弥生賞結果.JPG

金子真人.png

1着は圧倒的1番人気のディープインパクト
今日は本番に向け脚を測ったようなレース運びで、やはり後方から。
3分3厘でマクリ始めると、一気に突き抜けました。
一瞬アドマイヤに詰め寄られたようにも見えますが、一杯にステッキを入れいるのに対し、明らかに脚色が違いましたので楽勝と見ていいでしょう。
本番はストーミーカフェという強敵がいますが、無様な競馬はしないはずです。

2着はアドマイヤジャパン
いつになくゲートをスンナリと出て、インでジッと我慢。
ディープの仕掛けを待って追い出し、僅差の2着。
確かに完敗でしたが、調教でビシビシやられていなかった事や、ゲートがマシになった事、さらに好位の馬群でレースができた事は大きな収穫でした。
あとは本番の厳しい流れで対応できるかどうかが鍵になります。

3着はマイネルレコルト
流れが緩かった為か道中は掛かり通し。
それでも3着に来ているのですから、その能力は流石。
今回は残念な結果でしたが、速い流れが予想される本番では軽視できない存在に違いありません。


blog Ranking続きを読む
posted by 恐れ入ります at 16:18| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さわらび賞結果

さわらび賞結果.JPG

金子真人.png

1着はピカレスクコート
探り気味にスタートしましたが、2ハロン目から加速。
道中で引っ掛かったレジェンダロッサが絡んでくると突き放しにかかり、直線の坂では更にひと伸びしました。
後続を2馬身以上突き放し、余裕をもってゴールイン。
ヤマカツスズランの全弟だけに、上のクラスでも期待ができます。

2着はエイシンインパール
後方から運び、直線は大きなフットワークでゴボウ抜き。
見るからに芝向きで、距離延長で更に上昇が見込めそうです。

3着はビッグタイガー
調整不足も経済コースを回り、渋太く粘り込み。
さすが実績上位といった印象です。
次走は上昇もありそうで、勝ち負けの域に入ると見てよさそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

弥生賞

弥生賞.JPG

ディープインパクト
初戦での走りもさることながら、Hペースだった2戦目の若駒Sを33.6というケタ違いの末脚で勝ったのには驚きました。
デビュー戦で負かしたコンゴウリキシオーもその後3連勝しているように、この馬も3連勝を飾る可能性が極めて高いと思います。
今週は終いを伸ばすような形で
 栗東DW 82.8-66.8-52.2-38.4-11.6
と、時計の出難いコースで素晴らしいスパーリングを行っています。
少頭数ですので、ディアデラノビアのような事はないと思います。

マイネルレコルト
ここまで4-0-0-1と素晴らしい戦績。
唯一敗れた京王杯2歳Sは出遅れて外々を回らされたのが敗因で、それでも5着に入っています。
ペースや展開も不問で、大崩れすることは考えられないと思います。

アドマイヤジャパン
前走の京成杯では3歳にとって厳しい不良馬場を物ともせず、豪快に突き抜けました。
この中間はその疲れを取る事に専念していたようで、飽く迄も目標は先といった感じがします。
確かに今週の追い切りを見る限りこれで仕上がってきそうだなという感じがしましたが、さすがに一筋縄では前述2頭に敵わない気がします。
ただ成長段階でもあるので、前走やラジオたんぱ杯の頃と走りが一変する可能性はあります。

ニシノドコマデモ
上位3頭に比べると、力不足は否めません。
しかし前走で仕上がりに不満があった事や、今回の1ハロン延長で多少変る余地はあります。

△エイシンサリヴァン
控える競馬が板に付き、それが結果となったのが前走のセントポーリア賞。
終いに懸ける事に専念出来れば、権利取りの期待が持てます。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:24| Comment(0) | TrackBack(8) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さわらび賞

さわらび賞.JPG

ピカレスクコート
休み前のもちの木賞はレース中に捻挫し、惨敗。
しかし敗因がハッキリしているので度外視してよさそうです。
追い不足の初戦でアーリントンC3着のインプレッションに肉薄しており、万全で挑む今回は逃げ切りたいところです。

レジェンダロッサ
デビュー戦は追い不足で太目残り、前走はそれを4s絞りましたが、今回は更に絞れて力を発揮できそうです。
位置取り次第では勝ちもあります。

コスモシンドラー
豪州産のため半年遅生まれのハンデがありますが、それを物ともせずここまで2戦2連対。
能力はヒケを取りませんが、今回は2ハロンの延長。
さてどこまでやれるでしょうか。

ビッグタイガー
実績なら上位ですが中間に頓挫があり、満足のいく追い切りが出来ていないのは確かです。
勝ち負けは厳しそうですが、3着ぐらいならありそうです。

エイシンインパール
今回が初めての芝になります。
昇級後はイマイチですが、名馬のインブリードが幾重にも織り込まれた血統ですので、大駆けがあるかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 19:55| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

すみれステークス結果

すみれステークス結果.JPG

山元哲二.png

1着はダンツキッチョウ
離れた2番手を追走し、3分3厘で一気に加速。
先頭と並ぶ間もなく先頭で駆け抜けました。
稽古ではイマイチでしたが、やはり札幌での走りは本物、能力は相当なものです。

2着はグッドネイバー
2番目の上がりタイム34.8で一気に突っ込んできましたが、相手が強すぎた印象でした。
それほど切れるタイプとも言い難いので、今後は中団での競馬を出来るかが鍵になります。

3着はケイアイヘネシー
マイペースで逃げればこれくらいは当然です。
しかしベストは、デビュー当初の速い流れでの追い込みのような気がします。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水仙賞結果

水仙賞結果.JPG

岡田美佐子.png

1着はようやく惜敗に終止符を打ったコスモオースティンでした。
向正面手前で先頭に立つと13秒台のラップを刻んで後方の仕掛けを待ち、前残りの馬場に助けられた事もありますがラストは11.6-11.5-11.7の末脚で後続を完封。
次走は青葉賞あたりでしょうか、府中の2400mは経験済ですので期待が懸かります。

2着はディーエスハリアー
道中4・5番手から一気に駆け上がってきました。
力の要る中山コースを考えればコマンダーインチーフ産駒のこの馬が好走したのは納得できます。
それでいて過去の敗戦から軽視していました。
開催が進むにつれ、この馬のチャンスは更に広がります。

3着はシャコージャズ
一旦先頭に立つも3番手で落ち付き、4角でゴーサイン。
トラックバイアスを活かしたバルジュー騎手のレース運びでしたが、行き切ってしまえばもう少し際どいレースも可能だったように思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

すみれステークス

すみれステークス.JPG

アドマイヤタカ
前走は初戦と打って変わって先行し、長くいい脚を見せてくれました。
その脚は恐らく京都より阪神、そう思わせるものでした。
今回はスンナリ決めたいところです。

ダンツキッチョウ
昨夏の札幌2歳Sでは、先日の共同通信杯を逃げ切るなど高いレベルで活躍しているストーミーカフェの2着。
それも出遅れて0.1差まで詰め寄ったのですから、能力では群を抜いています。
ただ今回は調教でロードマジェスティに煽られ、ピリッとしませんでした。

コウエイマーブル
約4ヶ月ぶりとなった前走で気性面に大きな成長が見られた気がします。
休み前は出遅れたり、気の悪い面を覗かせていました。
それでいてペールギュントと僅差のレースをしたりと、随処で素質の片鱗は見せていました。
上手く折り合いが付けば、大掛けは十分に有り得ます。

ケイアイヘネシー
本来なら平均以上のペースが望ましいのですが、開幕集の馬場を考えるとマイペースで行けそうな今回は少し違いそうです。

ミツワスカイハイ
前走で敗れたもう一頭のダンスインザダーク産駒、オープンエアーと比べると決め手勝負ではコチラが勝ります。
3前走でローゼンクロイツに1秒も離されているので少し厳しいとは思いますが、距離延長で前進はありそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。