2005年07月14日

ジャパンダートダービー結果

ジャパンダートダービー結果.jpg

金子真人.png

1着はカネヒキリ
前走での勢いをそのままに、まさに格の違いを見せ付けたレースとなりました。
アグネスジェダイの刻んだラップは意外とスローでしたが、展開不問のこの馬にとってはどうでもよい事。
ディープインパクトに続けとばかりに、見事GT制覇。
秋はダービーグランプリ、そして古馬との対戦。
この馬には不安どころか、期待で一杯です。

2着は船橋のメイプルエイト
ゆったりした流れを先団で追走し、得意の展開に持ち込みました。
今回は相手が悪すぎましたが、東京ダービー2着は伊達ではありませんでした。
シーチャリオットが戻ってくるまでは、この馬が大将格です。

3着には地元大井のボンネビルレコード
前走と同じく、中団やや後方で待機。
ここ2走での活躍はフロックでなく、今回はそれを結果として見せ付けてくれました。
血統的にも先々が楽しみです。


blog Ranking tbfgreen トラセン
posted by 恐れ入ります at 19:44| Comment(5) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ジャパンダートダービー

ジャパンダートダービー.jpg

カネヒキリ
ここまで7戦でダートはパーフェクト。
Sペースは勿論の事、前2走が示すように時計勝負も問題ありません。
今回もアグネスジェダイが飛ばすでしょうから、この馬が1着でゴールするという計算が立ちます。

アグネスジェダイ
これまでの戦績の通り、渋太さが身上。
前走もドンクールを抑えているうえ、前々走も出遅れがなければ勝っていたかもしれません。
この中間は攻めも強化し、万全の態勢と言えそうです。

ドンクール
前走は他馬よりも1kg多く背負っていましたが、それでも貫禄の3着。
今回は定量で走れるので前回よりは上位との差も縮められそうです。
あとは道中の位置取り、仕掛け処がポイントとなります。


blog Ranking tbfgreen トラセン
posted by 恐れ入ります at 19:21| Comment(0) | TrackBack(3) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

ユニコーンステークス

ユニコーンステークス.jpg

カネヒキリ
前走端午Sは圧巻の勝利。
最後は余裕ありでも終い36.5、それも大差と、当に砂版ディープインパクト。
今回は前走よりもペースアップが見込まれますが、十分に対応できそうです。

ドンクール
獲得賞金の関係で他馬より1kg背負います。
それでも今回も展開は打って付け。
カネヒキリとの一騎打ち濃厚です。

サンワードラン
意外と人気の盲点となりそうなのが、この馬。
一気の相手強化ですが、好内容だった前走からすればここでも通用の力は持っています。


アグネスジェダイ
ドンクールとは2度の激闘を演じ、それも前走は出遅れてのもの。
当然チャンス十分です。
あとは府中の直線でどれだけしのげるか、焦点はそこに絞られます。

プライドキム
ここ2週の追い切りがイマイチ。
それでも前走は負けて強しの内容で、距離短縮も恐らくプラスに思えます。
甘く見ると痛い目に遭いそうです。

シンメイレグルス
前走で大幅に時計は詰めたものの、ここに入ると若干劣ります。
とはいえ一杯一杯でも追うほどに伸びる馬。
府中の直線は大いに魅力です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:37| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

昇竜ステークス結果

昇竜ステークス結果.bmp

織田芳一.png

1着はシンメイレグルス
ニュートンが行くのかと思っていたら、行ったのはアスワンでした。
3F通過が35.6とかなり速い流れになりました。
この馬にとってこの流れは未体験の域で、まさか37.7の最速タイムで上がってくるとは思いもしませんでした。
それも外を回ってのものですので、余計に価値があります。
次はカネヒキリとの決着になりそうですが、まだ伸びしろを残していると見ても良さそうです。

2着はアドマイヤムサシ
こちらも最速の37.7という上がり時計。
ただ前半の位置取りが勝敗を分けました。
小回りはかなり上手い部類に入るので、小倉あたりで活躍しているかもしれません。

3着はエイシンニュートン
3・4番手追走からマイペースの競馬。
この馬としては前走分は走っているので、今回は完全な力負けでしょう。
とはいえ、古馬混合でも1000万下ならスンナリ突破できそうです。


blog Ranking tbfgreen続きを読む
posted by 恐れ入ります at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇竜ステークス

昇竜ステークス.jpg

ミステリーゲスト
久々の競馬でもう一本速い追い切りが欲しいところですが、ニュートンの逃げる流れならこの馬が筆頭です。
前走ヒヤシンスSでは道悪に泣きましたが、その前2走は目を見張るものがありました。
小回り巧者の赤木騎手というのも心強いです。

エイシンニュートン
前走はカネヒキリに全く歯が立ちませんでした。
しかしこの組み合わせなら楽になるのは確か。
この脚質からも小回りはプラスです。

シンメイレグルス
一番の伏兵はこの馬。
相変わらず攻め駆けしませんが、あの新馬戦の内容からはここを差し切っても不思議ではありません。
気になる点は速い流れを経験していないことでしょうか。

セレスエンブレム
前走はやや消化不良のレース。
相変わらず調教は絶好調で、多少の巻き返しはあります。

マルカラスカル
ここまでの内容や血統背景からは流れが速くなるのは歓迎のクチ。
前走以降も引き続き順調です。

カタラクト
出遅れがなければこの馬も上位争いに顔を出しそう。
未勝利・500万勝ちの内容はそう悪くありません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

わらび賞結果

わらび賞結果.bmp

幅田昌伸.bmp

1着はカタラクト
先頭の前半3F通過タイムはやはり37.4と速いものでした。
先行激化を余所目に後方からの競馬。
3角で進出を開始すると最後は40.0と時計が掛かりましたが、豪快に差し切り。
今後も速い流れで、やや他力本願な競馬になりそうです。

2着はシュウザンアイ
同じく後方からの競馬となりました。
仕掛けが4角あたりだった事が勝ち馬との差。
しかし今回も最速の上がりで確実に差しているのは評価に値します。

3着はメイショウセレット
勝ち馬をマークする形で、同じように進出しました。
1800mが駄目な訳ではないでしょうが、現状は1400mあたりが無難のようです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わらび賞

わらび賞.jpg

カタラクト
フリーシンカーとアイアムの逃げで始めの3Fは37.5前後になりそう。
出遅れ癖があるものの、これまで見せた末脚ならここでは上位。
陣営からは左回りの方が向くかもとの声があり、前進の余地大です。

フリーシンカー
展開を握れるのは大きな強み。
中山は苦手なようで、このコース替りで巻き返し必至です。

ナスケンウインド
流れが落ち着かなければ実に堅実。
ギアの切り替えが巧そうなレース巧者。
ここでも通用の素材です。

メイショウセレット
メンバー中、最も速い上がり時計を持っています。
ただ今回の距離延長でどこまで脚が使えるか。
今回が試金石です。

シュウザンアイ
牝馬ながら確実な差し脚。
こちらも距離延長、さらにペースアップが鍵になります。

アップインザホーク
ムラ駆けで安定味に欠けますが、嵌れば強烈。
うまくいけば上位進出もあります。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

兵庫チャンピオンシップ結果

兵庫チャンピオンシップ結果.bmp

山田貢一.bmp

1着はドンクール
好発から3番手、道中はいつものように5番手を進みました。
前でダイワ、プライドが鍔迫り合い、さらにアグネスが後方から一気に押し上げるのを落ち着いて追走。
2周目の3角で動き始めると先頭に立ち、最後は粘るアグネスを競り落としての勝利。
これでデビュー以来、5連勝となりました。

2着はアグネスジェダイ
スタート直後はまさかの出遅れ。
それでも正面スタンド前で一旦ペースが落ちたところでハナを奪いました。
3角でドンクールらに並びかけられましたが、驚くくらいの粘り強さ。
最後はクビ差敗れましたが、これまでにないほど強くなった印象です。
距離も問題ありませんでした。

3着はプライドキム
好発からハナへ。
正面でアグネスにハナを譲りましたが、終始ダイワに絡まれていたのが辛かったようです。
最後はさすがGT馬という印象でしたが、前半の消耗が最後まで堪えた結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

兵庫チャンピオンシップ

兵庫チャンピオンシップ.jpg

ドンクール
他馬より1kg背負わされたヒヤシンスS、
アグネスジェダイが飛ばす超ハイペースを捕らえきったのには驚きました。
今回もアグネスが出走し、前走同様に速い流れとなりそうです。
その後のアグネスの活躍からも、ここでは一枚抜けた存在。
ここを勝って"本物=Genuine"と呼ばせるはずです。

プライドキム
終いの掛かる展開は、この馬も得意。
11月の兵庫Jでレッドペガサス以下を完封した実績もあり、
ここでは侮れません。

アグネスジェダイ
ヒヤシンスSでの粘りもさることながら、芝のNZTでも最後までよく粘りました。
今回も同様に前で粘りを見せてくれそうです。

ダイワキングコン
伏竜Sではデイフラッシュとの接戦に競り勝ちました。
ただ端午Sでのデイフラッシュがあまりにもだらしなさ過ぎたことや、
ここに来ての北村宏司騎手から武豊騎手への乗り替りが気になります。

グレートステージ
園田ダービーを制してここへ。
これまで短いところでも実績を残しているように、
速い流れになりそうな今回は、中央勢にとっても脅威の存在。
地元園田の雄がどれだけやれるでしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:29| Comment(0) | TrackBack(3) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

端午ステークス結果

端午ステークス結果.bmp

金子真人.png

1着はカネヒキリ
中団からレースを進め、3角で進出開始。
4角過ぎで先頭に立つと、あとは後続を引き離す一方。
今後は当分ダート路線を歩むようで、ユニコーンSに出てくるようなら勝利は必至です。

2着はエイシンニュートン
勝ち馬に大きく離されてしまいましたが、デイフラッシュを競り落としたのには大きな価値があります。
やはりダートに戻れば力は通用するもので、今後も好走が期待できます。

3着はデイフラッシュ
この馬も普段の力を発揮できました。
しかし最後の甘さは相変わらず。
もう少し喰らい付くようなものが欲しいと思わせる内容でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

端午ステークス

端午ステークス.jpg

カネヒキリ
外枠の3頭のハナ争いに、内目からも行きたい馬がいるようで、かなり速い流れになりそうです。
そうなれば、ダートでの2戦が素晴らしい内容だったこの馬のもの。
着差も当然ですが3前走の前半37.5、後半36.7というのは、この時期の3歳馬がそう簡単に出せる時計ではありません。
ここは楽に突破したいところです。

デイフラッシュ
前走の伏竜Sではダイワキングコンとのデッドヒートを演じましたが、0.1秒及びませんでした。
ダートでは不利のあったレースを除けばパーフェクト連対。
時計面での不安が無いわけではありませんが、ここなら上位です。

セレスエンブレム
ここ2走は芝でのレース。
いずれも敗れましたが、ダートなら2戦2勝。
距離経験が無くまだ未知数ですが、芝マイルのNZTで0.8秒差8着なら心配は無さそうです。
先行してどれだけ脚が残せるか、注目してみたいと思います。

アドマイヤムサシ
前々走、ダートに転向してから一変。
兄メイショウホウオウ同様、ダートの適性は高そうです。
前走の沈丁花賞で見せた器用さでさらに前進を期待します。

リードオフマン
近2走は芝で惨敗ですが、ダートでは嵌れば斬れます。
3前走のような末脚が使えれば、ここでも上位に顔を出しそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

滝桜賞結果

滝桜賞結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はアップドラフト
後方集団でレースを進め、4角あたりから一気の進出。
最後は37.5の末脚で後続の追撃を凌ぎました。
これまで使った決め手はやはり本物。
また展開が速くなっても、それを繰り出せる事がハッキリしました。
昇級しても即通用です。

2着はナイキウェルカム
後方からの競馬で、ラストは最速の37.4の末脚。
ただ勝ち馬より仕掛けが遅くなった分、そのまま着差に出てしまいました。
また、これまでのように先行抜け出しの競馬の方が良いように思います。
ともあれ、このクラス卒業も時間の問題です。

3着はセフティーステージ
好位からの競馬でよく粘りましたが、先にゴールした2頭との実力差は否めませんでした。
今回は相手が悪かったのですが、引き続きこのクラスで好走は可能です。
出来れば前々走のような走りをしてもらいたいです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝桜賞

滝桜賞.JPG

ナイキウェルカム
1番人気を背負った前々走の飛梅賞こそ前半34秒台の速過ぎる流れに泣きましたが、35秒〜36秒台なら鋭い決め手を発揮します。
また距離が不安視されていますが走ってみなければ判りませんし、むしろ1400mとローカル1700mは連動するような傾向にありますのでそう悲観する必要は無いでしょう。

ウルフボーイ
安定感ならこの馬。
速くなっても粘り強く、特に休み明けは3、1、3、2着。
ここも好勝負可能です。

アップドラフト
これまで4戦はユッタリしたレースが中心。
先行激化で速くなると自慢の決め脚が使えるかどうか。
近親にティンバーカントリー、ドバイミレニアムのいる血統なら、楽にここを突破するかもしれません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

伏竜ステークス結果

伏竜ステークス結果.JPG

大和商事.png

1着はダイワキングコン
ワールドアベニューらの引っ張る速い流れを好位の内目でジッと我慢。
デイフラッシュが早めにマクるも、4角まで追い出しを待ちました。
最後はデイフラッシュと同じ39.3の上がり時計でしたが、ある程度前にいたのと内を回ったのが功を奏し、粘り強く競り勝ちました。
再来週の皐月賞にも登録し、再度芝に挑むようです。

2着はデイフラッシュ
前述の通り、3角からのマクリ。
最後までバテることなく伸びましたが、半馬身及ばず。
少し位置取りが後ろ過ぎましたか。
とはいえ、このクラスでは引き続き大将格です。

3着は人気薄シベリアンライオン
後方待機策で他馬がバテるのを尻目に直線一気。
今回は上手く嵌りました。
ただ前の2頭には大きく離され、次走勝ち負けとなるとどうでしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伏竜ステークス

伏竜ステークス.JPG

ダイワキングコン
久々の芝だった前走の弥生賞は0.3秒差の4着。
馬場状態が良かったとはいえ、この馬の状態がいい事も事実。
今回は初めての1800mですが、自慢の辛抱強さで前々の押し切りを狙います。

デイフラッシュ
中山のダートはここまで2-0-0-1と好相性。
前々走ではダイワに0.1秒差2着。
直前の動きも良く、逆転は可能です。

アイノグレース
デビュー以来、ここまで2-0-0-1。
しかも敗れたのは初めての芝で重賞だった前走のみ。
母系からはやや短距離向きかとも思いますが、父がスペシャルウィークなら多少は長めにシフトしていてもいいはずです。
今回は追える田中勝春Jが騎乗。
期待できます。

サンダーペガサス
こちらも2-0-0-1で、敗れたのは芝のクロッカスSのみ。
終いがもう少し伸びれば文句無しですが、今回はこれ位の評価が妥当ではないでしょうか。

イブキサブデュー
今回は初の1800m。
しかしながら、ヒヤシンスSの内容ならここは通用してもいいはず。
ある程度前に付ければ好走が期待できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

沈丁花賞結果

沈丁花賞結果.JPG

近藤利一.png

1着はアドマイヤムサシ
初ダートの前走がフロックでは無かった事を証明するかのような結果。
中団よりやや後ろから進め、マクるような競馬で圧勝しました。
勝ちあぐねている全兄メイショウホウオウのような難しさも無さそうで、砂を被ったりする事もあまり気にならないようです。
またラスト3F37.9という時計も優秀で、上のクラスでも即通用しそうです。

2着はマルブツブリザード
3角あたりから後続を引き離しましたが、最後はお釣が無くなりました。
ただこの戦法で新境地を開拓した感もあり、1着馬には大きく遅れたもののこの馬も3着以下を大きく退けています。
このクラスならすぐにでも突破できるはずです。

3着はマルブツシルヴァー
鮮烈な走りを見せた新馬戦から、このところの走りは案外。
力のあるところは見せていますが、まだまだこれからといった感じがします。
今後の成長に期待したいです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

ヒヤシンスステークス結果

ヒヤシンスS結果.JPG

山田貢一.bmp

1着はデビュー以来負けなしのドンクールでした。
他馬よりも1kg多く背負っていたのですが、そんな事はお構いなし。
中団から最速の上がりタイム37.8で駆け抜けました。
これで土付かずの4連勝。
プライドキムやシンメイレグルスとの対戦が楽しみです。

2着は13番人気のアグネスジェダイでした。
前残りの馬場だったとはいえ、果敢にハナに立ってハイラップを刻んだのは大したものです。
思い返してみると前々走でクロウキャニオンを競り落としているのですから、この人気は少し甘く見られたという感じです。
森厩舎の所属ですので地方交流重賞にチャレンジしていく事になるでしょうが、それまでにはもう1勝しておきたいです。

3着はシルクストリート
やはり渋太いです。
ただ今回は相手が悪過ぎましたね。
この後どういうローテをとるか気になりますが、伏竜Sに挑戦するのであれば今回以上に頑張れると思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

ヒヤシンスステークス

ヒヤシンス.JPG

シルクストリート
ダートに替っての3戦は2・1・1と走りが一変しました。
この馬の売りはなんと言っても先行しての粘り強さです。
マーベラスサンデーの出る牝系もさることながら、Graustarkの5*4やRaja Babaを再現するような血統構成がその原動力となっているようです。
ここでもシッカリ走ってくれそうですし、流れが速くなるほどチャンスは広がるはずです。

ドンクール
前走は3着以下を大きく離しての勝利でした。
確かに能力・実力ともに上位ですし、直線が長くなるのも魅力です。
しかし1kg余計に背負うのと、時計面に不安があります。

ディープサマー
ダートをこなせれば当然勝ち負けです。
あとは砂を被った場合、どう出るでしょうか。

ツルマルフェロー
大外を回って差し切った樅の木賞でダート適正は十二分に示しています。
直線が長いのもマイナス材料にはならないはずです。

マイネルマリク
ユニコーンSで2着した半兄ロバノパンヤに比べるとパンチ力に懸ける配合です。
しかしダートでの走りは上々で、破った相手もその後好走しています。
ここは侮れません。

ミステリーゲスト
これまで2-2-2-0と実に堅実で、ダートに限ると2-0-0-0です。
あとは位置取りが鍵でしょう。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

カトレア賞結果

カトレア賞結果.JPG

大和商事.png

1着はダイワキングコン
クリアーボーイがHペースで引っ張るのを4番手でジックリ追走し、4角手前から徐々に進出。
終い37.7の脚で今回も好位差しを決め、2着馬をハナ差抑えました。
先週この世を去った僚馬ダイワアプセットを弔うような勝利でした。

2着はデイフラッシュでした。
後方の馬にとって辛い展開でしたが、37.1の末脚で詰め寄りました。
2勝目はもう目の前です。

3着は2番手追走で最後まで踏ん張ったウルフボーイ
やはり全兄と同じく東京は合っているようです。
ダートの名門・グランド牧場に新たなスター候補誕生です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

カトレア賞

カトレア賞.JPG

展開:Mペース
Dアイノクエスト、それを追うようにAコスモライライが飛ばす。
他は控える馬が多そうで、それほど速くはならなさそう。

バガバッドギーター
ここ2走は脚を溜める事ができず惜敗。
東京コースに戻り、直線勝負に懸けます。

ダイワキングコン
前走の勝ちっぷりから芝の初戦、出遅れた前々走は度外視できます。
好位からの抜け出しができれば通用します。

デイフラッシュ
前走で砂を被るのに慣れ、好位からの抜け出しが板に付いたようです。
調教でも古馬に先着し、状態面は問題なし。
直線まで脚を溜めれるのではないでしょうか。

アイノクエスト
昇級で距離延長となった前走、先頭で引っ張りながら3着を死守。
勝ち時計もなかなか優秀で、マイペースでいけば粘り込みもありでしょう。

ウルフボーイ
前走の勝ち時計が優秀な上、一度使った上積みが見込めます。
また全兄が得意としているコースですので、あるいはこの馬も適性があるかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。