2004年11月14日

赤松賞

5回東京4日目9R
赤松賞 500万下
(特指)(混)(牝) 芝1600m

  1 [地]ミスエムカーベー  54.0 石崎隆 (船橋)金沢
  2 [地]リードスター     54.0 板垣  (水沢)瀬戸
○ 3 (父)シャドウムーン   54.0 田中勝 (美浦)田中清
▲ 4   ラドランファーマ  54.0 ボニヤ (美浦)鈴木伸
  5   ニューグランジ   54.0 藤田  (美浦)勢司
  6 (地)フレンチムード   54.0 小林淳 (美浦)杉浦
  7   ジェダイト      54.0 柴田善 (栗東)池江郎
◎ 8   フェリシア      54.0 横山典 (美浦)上原
  9   グランドエナジー  54.0 北村宏 (美浦)手塚
 10 (地)ハクサンフウロ   54.0 勝浦  (美浦)和田
 11   レオソレイユ     54.0 石橋脩 (美浦)杉浦
△12   リメンバードリーム 54.0 蛯名  (美浦)矢野進


前走はゴール目前にして勝ち星を逃したフェリシア
今回も前走同様の展開になりそうで、早くもチャンス到来です。

今回楽に先手を取れそうなのが、シャドウムーン
粘り強そうな血統で、今の東京にピッタリです。

ラドランファーマリメンバードリームも粘りのありそうな馬です。
posted by 恐れ入ります at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

ファンタジーステークスの結果

5回京都2日目 11R
ファンタジーステークス(GV)
(混)(牝) 芝1400m(外)

1着 ▲ 3   ラインクラフト   福永  (栗東)瀬戸口 1:21.6 2人
2着 △ 6 (父)モンローブロンド  佐藤哲 (栗東)安田隆   4   4人
3着 ◎ 4 (父)リヴァプール     川島信 (栗東)田島   1 3/4  3人
4着 ○ 8   ライラプス      武豊  (栗東)松田国  クビ  1人
5着   13 (市)エイシンハッピー  幸   (栗東)坂口則  クビ  9人


勝ったラインクラフトはまるで別次元の走り、最後は福永ジョッキーが抑える程の圧勝でした。
私が懸念していた内枠をものともせず4コーナーで先団に並んだ姿は、前走のリプレイかと思わせるものでした。
この分なら暮れの阪神ジュベナイルフィリーズもこの馬のもので間違いないでしょう。

無傷の2連勝で挑んだモンローブロンドは2着。
今回は完敗でしたが、前々で引っ張る展開だった事を考えると上出来です。
次走、前に壁をつくりながら走ればもう少し着差を縮める事が出来そうです。

3着のリヴァプールはササる癖があるようで、内々を周るにはあの位置は仕方なしでした。
それでいて後方から3着まで追い上げたのは能力があるからこそ出来た芸当です。
しかしながら、前々走のようにある程度前に付けられる事を考えると不満は残ります。
巻き返しを図るには先団に付けてのレース運びが不可欠です。

4着のライラプスは如何せん後ろ過ぎました。
松永ジョッキーならもう少しやってくれたと思いたくなってしまいます。
少なくとも2着争いは可能だったと思います。

5着エイシンハッピーはやはりグラスワンダー産駒というところを見せてくれました。
他馬がバテるような展開なら期待出来るということが再確認出来ました。
posted by 恐れ入ります at 17:52| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジーステークス

5回京都2日目 11R
ファンタジーステークス(GV)
(混)(牝) 芝1400m(外)

   1 (父)(市)コスモキララ     武幸  (栗東)中村
   2   (父)クロユリジョウ   松永  (栗東)岡田
▲ 3      ラインクラフト   福永  (栗東)瀬戸口
◎ 4   (父)リヴァプール     川島信 (栗東)田島
   5 (父)(市)マイネマリスタ   小林徹 (栗東)目野
△ 6   (父)モンローブロンド  佐藤哲 (栗東)安田隆
   7      ツルマルオトメ   角田  (栗東)坂口則
○ 8      ライラプス      武豊  (栗東)松田国
   9      ヒードザコール   吉田稔 (栗東)松田博
  10      ダンシングハート  本田  (栗東)昆
  11   (地)マルシゲシーキング 柴原  (栗東)湯窪
△ 12   (父)ケイアイブーケ   四位  (栗東)加用
  13   (市)エイシンハッピー  幸   (栗東)坂口則


ラインクラフトはホーネットピアス、アドマイヤマックスの姪。
デビュー戦の前走はさすが血統馬というところを見せてくれました。
勝ち時計も4回京都の芝1400mでは1番のものです。
あとは3番ゲートからの発走がどう出るか、注目です。

リヴァプールは母がマークプロミス、すなわちアグネスタキオンの近親です。
デビュー2戦は惜敗でしたが、ここ2戦はその鬱憤を晴らすような走りでした。
スピードもさることながら、最後の我慢勝負もしくは勝負強さではこの馬ではないでしょうか。

先日亡くなったアドマイヤベガの仔、モンローブロンドはデビュー以来2連勝。
休み明けの前走が仕上っていただけに上積みはどうかと思いますが、この馬も粘り強さが素晴らしい1頭です。
あとは頭数の揃ったここでどれだけ行儀よく走れるか、それがポイントです。

2戦目でいきなり重賞2着、それも牡馬相手でのものだったライラプス
フサイチエアデールの初仔で、母系はスピード色の濃い配合です。
ここでも勿論筆頭ですが、前走のような詰めの甘さはやはり母譲りです。

アドマイヤベガの仔ではもう1頭、ケイアイブーケ
前走は敗れましたが、内容の濃いものでした。
野芝替わりと1ハロン延長で変り身に期待です。

あとはコスモキララエイシンハッピーあたりの雪崩れ込みには注意が必要です。
posted by 恐れ入ります at 11:48| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

サフラン賞の登録馬

4回東京4日目9R
サフラン賞 芝1400m
(混)(特指)牝馬 500万下

     イエローパピヨン   54.0 吉田豊 (美浦)小西
     エイシンサンバレー 54.0      (美浦)畠山吉
(父)(市)エイワジョリー    54.0 石神  (美浦)菊川
     ケージーカチドキ   54.0      (美浦)前田
   (父)ジャズファンク    54.0 村田  (美浦)沢
   (父)タイニーウイナー   54.0 松永  (美浦)清水利
   (地)ナチュラルメイク   54.0 中舘  (美浦)加藤征
     フェリシア       54.0      (美浦)上原
(父)[地]ミチヲアケテ     54.0 石神  (水沢)石川
   (地)フレンチムード    54.0      (美浦)杉浦
   (父)リヴァプール     54.0      (栗東)田島
   (外)リブレメンテ     54.0 岡部幸 (美浦)鈴木伸
     リメンバードリーム 54.0 木幡  (美浦)矢野進
     リンガスゲーム    54.0      (美浦)境征
   [地]ワンピース       54.0 森   (足利)佐藤裕
posted by 恐れ入ります at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

りんどう賞の結果

4回京都2日目9R
りんどう賞 芝1400m(内)
(特指)(混)牝馬

 1着◎ 1   (父)モンローブロンド  佐藤哲 1:22.9 2人
2着  4   (市)エイシンハッピー  武豊   1 3/4 1人
3着▲ 5(父)(市)コスモキララ     武幸   1 1/4 4人
4着△ 6      ネヴァーピリオド  福永   クビ  7人
5着○ 8      プリンセスゴールド 後藤浩  1 3/4 3人
 …
8着△10   (外)シルキーオメガ    池添       5人
 …
10着★ 3   [地]ベンテンリュウコー 柴山       8人



このレースでクラシックへ一歩近付いたのは、2番人気のモンローブロンド
ゲートを決め好スタートを切ると前走同様に中団のウチ目で追走し、直線を向くと弾けるような伸び脚でした。
前走のようにヨレヨレではなく行儀の良いレース内容でした。
今日の内容を見る限りは折り合いに難のある馬ではなさそうで、マイル戦でも大丈夫そうです。

2着に入ったのは、1番人気のエイシンハッピー
最後までバテずに伸びたのが印象的です。
末脚勝負になると苦しいですが、我慢勝負の展開なら今後も面白そうです。

コスモキララは馬場が良過ぎたせいか3着止まり。
開幕週で少し厳しかったでしょうか。馬場が少し荒れてきそうな次開催あたりで巻き返して欲しいです。

4着ネヴァーピリオドは成長途上の現時点で、良くやったという感じです。
また少し忙しかった気がします。

プリンセスゴールドもコスモと同様に、開幕馬場に泣いた感があります。

シルキーオメガは早い展開に戸惑ったのか、8着。
もう一度スローで見直したい1頭です。
人気を落とすようなら積極的に狙っていってはどうでしょうか。
posted by 恐れ入ります at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんどう賞

4回京都2日目9R
りんどう賞 芝1400m(内)
(特指)(混)牝馬

◎ 1   (父)モンローブロンド  佐藤哲
  2   (地)マルシゲシーキング 柴原
★ 3   [地]ベンテンリュウコー 柴山
  4   (市)エイシンハッピー  武豊
▲ 5(父)(市)コスモキララ     武幸
△ 6      ネヴァーピリオド  福永
  7      コスモプロムナード 赤木
○ 8      プリンセスゴールド 後藤浩
  9(父)(市)パノラマビューティ 小牧太
△10   (外)シルキーオメガ    池添
  11(父)[地]ペアーネオ       岡部誠



暮れの阪神JF、来春の桜花賞に向けての戦いがいよいよ始まります。
今年は例年のこのレースに比べ、かなりメンバーが揃った感じ。

現時点ではモンローブロンドの人気が抜けているようです。
やはりデビュー戦でのインパクトは私だけでなく多くの人にとって大きかったようで、実力は1枚抜けています。
高速馬場だった今年の小倉でレコード勝ち、メンバー中唯一のレコードホルダーもあります。

続く2番人気はプリンセスゴールド
小倉快勝後は札幌で敗れましたが、京都の軽い芝で巻き返しを図ります。
2戦とも出遅れていますが、今回はすんなりゲートから出れるでしょうか。注目です。

同じく北海道から転戦し、前走は阪神で牡馬相手に3着したコスモキララも面白い存在です。
今回はあまり折り合いを気にせず走れそうで、豊富なキャリアを活かせるでしょうか。

休み明け2走目のパノラマビューティはまだ調子が上がってこない模様です。
さて今回はどうでしょうか。

エイシンハッピーは阪神→小倉→新潟とかなりタフです。
前走はヨーイドンで力を出し切れませんでしたが、今回は早い展開になりそうで出番があるかもしれません。

シルキーオメガは未勝利の身での出走です。
しかし前走負かしたピカレスクコートが9日の未勝利戦を圧勝しており、この馬を軽視し過ぎると痛い目に逢うかもしれません。

公営からは2頭出走しますが、中でも笠松のベンテンリュウコーが面白い存在です。
母ライデンリーダーは笠松在籍ながら中央のレースに参戦し、桜花賞・オークスともに1番人気に推された実力馬でした。
それだけでなく父が高速馬場に適性を示しつつあるマイネルラヴで、ひょっとするかもしれませんね。
ここを勝って母の果たせなかった夢に向う事が出来るでしょうか。
そういう意味でも注目の1頭です。



posted by 恐れ入ります at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。