2004年10月23日

いちょうステークス

4回東京5日目9R
いちょうステークス 芝1600m
(特指)(混) オープン 別定

  1    (外)エイシンサリヴァン 55.0 吉田豊 (美浦)大久洋
△2    (市)グランプリペガサス 55.0 後藤浩 (栗東)田所秀
△3      インプレッション  55.0 武豊  (栗東)沖
  4    [地]バスケットシューズ 55.0 五十冬 (北海)堂山
  5 (父)(市)シャコーサクセス  55.0 柴田善 (美浦)勢司
◎6    (父)スムースバリトン  55.0 蛯名  (美浦)国枝
▲7    (父)ニシノドコマデモ  55.0 横山典 (美浦)萱野
○8      キングストレイル  55.0 岡部幸 (美浦)藤沢和
  9    (地)オーソレミオ     55.0 北村宏 (美浦)小桧山


北海道組か新潟組か、はたまた秋のデビュー組か。
そういった力関係を読むのが難しい一戦となりそうです。

エイシンサリヴァンはデビュー戦、不良馬場で豪快に差し切りました。
この馬は力関係云々よりも、軽い馬場でのヨーイドンが鍵になりそうです。

緒戦を快勝するも、北海道で苦汁を舐めてきたグランプリペガサス
しかしどのレースも深い芝での厳しい流れでしたので、
東京コースでゆったり走れれば変り身は十分ありそうです。
直前の動きも良し。

阪神組からはインプレッションが参戦。
前走は味のある勝ち方でした。
しかしもう少し終いの時計が欲しかったというのが正直なところです。

実績・時計で中心視したいのがスムースバリトンです。
福島のデビュー戦は巧く脚を使えませんでしたが、新潟で素質開花。
東京コースなら同様の走りが期待でき、展開にも恵まれた気がします。

北海道で善戦を続けてきたニシノドコマデモも変り身は十分です。
グランプリと同様、軽い芝・スローで本領を発揮できるでしょうか。

キングストレイルは札幌でいきなり素質を見せ付けてきました。
今回は単騎で行けそうで、前走以上の走りが期待できます。
posted by 恐れ入ります at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/871578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。