2004年10月11日

プラタナス賞の結果

4回東京1日目9R
プラタナス賞 ダ1400m
(特指)(混)

 1着◎ 2   (外)エイシンアスワン  福永  1:24.7 1人
2着▲ 6     レオマジック     江田照 1 1/4 2人
3着  7  (父)メジロハンター    吉田豊 2 1/2 4人
4着  9  (市)ビリーザキッド    中舘   7  9人
5着△12     パレスワールド    田嶋翔 クビ 3人
6着○10     シベリアンライオン 後藤浩 クビ 5人


勝ったエイシンアスワンはやはり砂を被るポジションとなってしまいましたが、ジッと我慢する事ができました。
大きな収穫だったと思います。
福永騎手のゴーサインにもシッカリ反応していましたし、なかなか素直なようです。
今後は距離との戦いではないでしょうか。

レオマジックは自分の形で押し切るレースが現時点でのベストという事は今日でハッキリしました。
次走テンの速さで勝る馬がいなければ、2勝目は目前です。

番手に控える競馬で3着のメジロハンター
中山へのコース変りや距離短縮で前進可能です。

4着はビリーザキッド
やはりトワイニング産駒は7fに向いている仔が多いですね。

5着のパレスワールドは自分の展開に持っていけなかったのが全て。
しかしながら、今後も軽視は禁物です。

シベリアンライオンは自分のレースが出来ずに6着。
4角で脚を使わざるを得ない展開は厳しかったと思います。
次走、もう一度見直したいです。
posted by 恐れ入ります at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。