2004年10月11日

プラタナス賞

4回東京1日目9R
プラタナス賞 ダ1400m
(特指)(混)

  1      セトノフレンチ     柴田善
◎ 2  (外)エイシンアスワン  福永
  3     スターペスゲンズイ 荻野
  4  [地]モエレライジング  北村宏
  5  [地]レッドジャスパー  内田利
▲ 6     レオマジック     江田照
  7  (父)メジロハンター    吉田豊
  8  (地)オリオンザラングン 田中勝
  9  (市)ビリーザキッド    中舘
○10     シベリアンライオン 後藤浩
 11  (市)ウォーターダッシュ 勝浦
△12     パレスワールド    田嶋翔



2歳ダート路線は新馬・未勝利が多いのに、なぜ500万下のレースが少なかったりオープン競争が無かったりするのでしょうか。
JRAのお偉い様、ぜひ素質馬の為に檜舞台を創ってあげて下さい。

それでこのレースが2つ目の500万下になるのですがここを目標に駒を進めてきた陣営が多いようで、なかなかの好メンバーです。

現時点で断然の1.2倍で1番人気のエイシンアスワンは、前走太目ながらも後続を引き離して快勝。
従兄弟のカイトヒルウインドと同様に高いダート適性を備えているようです。
今回のレースで前走は見られなかったようなパフォーマンスを魅せてくれる"裏付"を持っています。
ただ今回は前に行きたい馬が多いので、砂を被って嫌気が差さないかが心配です。

レオマジックは前走のようにスピード任せで行ってしまうのが真骨頂でしょうか。
緒戦で敗れたメジロハンターとの再戦になりますが、今回はコチラの方が上位に来ると私は思っています。

シベリアンライオンも太目残りのデビュー戦を快勝してきました。
スピード色の濃い配合ですが、この1f延長が吉と出るか凶と出るか。
しかしセンスの良さはここでも上位なので楽しみです。

新潟の芝でのデビュー戦以来となるパレスワールド
緒戦は逃げて力強く粘るという、内容の濃いレースでした。
血統背景からもダートでの変り身があるはずで、上位争いに絡んでくるのではないでしょうか。
posted by 恐れ入ります at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アイルランドトロフィー・他特別
Excerpt: アイルランドトロフィー 東京芝1600M 週中 前日 最終 1 カフェブリストル 牡5 57.0 大 西 △ 2 ダイワレイダース 牡5 57.0 後 藤 3 テンザンオペラ 牝6 55.0 伊藤直..
Weblog: Kamihitoe
Tracked: 2004-10-11 08:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。