2004年10月10日

りんどう賞

4回京都2日目9R
りんどう賞 芝1400m(内)
(特指)(混)牝馬

◎ 1   (父)モンローブロンド  佐藤哲
  2   (地)マルシゲシーキング 柴原
★ 3   [地]ベンテンリュウコー 柴山
  4   (市)エイシンハッピー  武豊
▲ 5(父)(市)コスモキララ     武幸
△ 6      ネヴァーピリオド  福永
  7      コスモプロムナード 赤木
○ 8      プリンセスゴールド 後藤浩
  9(父)(市)パノラマビューティ 小牧太
△10   (外)シルキーオメガ    池添
  11(父)[地]ペアーネオ       岡部誠



暮れの阪神JF、来春の桜花賞に向けての戦いがいよいよ始まります。
今年は例年のこのレースに比べ、かなりメンバーが揃った感じ。

現時点ではモンローブロンドの人気が抜けているようです。
やはりデビュー戦でのインパクトは私だけでなく多くの人にとって大きかったようで、実力は1枚抜けています。
高速馬場だった今年の小倉でレコード勝ち、メンバー中唯一のレコードホルダーもあります。

続く2番人気はプリンセスゴールド
小倉快勝後は札幌で敗れましたが、京都の軽い芝で巻き返しを図ります。
2戦とも出遅れていますが、今回はすんなりゲートから出れるでしょうか。注目です。

同じく北海道から転戦し、前走は阪神で牡馬相手に3着したコスモキララも面白い存在です。
今回はあまり折り合いを気にせず走れそうで、豊富なキャリアを活かせるでしょうか。

休み明け2走目のパノラマビューティはまだ調子が上がってこない模様です。
さて今回はどうでしょうか。

エイシンハッピーは阪神→小倉→新潟とかなりタフです。
前走はヨーイドンで力を出し切れませんでしたが、今回は早い展開になりそうで出番があるかもしれません。

シルキーオメガは未勝利の身での出走です。
しかし前走負かしたピカレスクコートが9日の未勝利戦を圧勝しており、この馬を軽視し過ぎると痛い目に逢うかもしれません。

公営からは2頭出走しますが、中でも笠松のベンテンリュウコーが面白い存在です。
母ライデンリーダーは笠松在籍ながら中央のレースに参戦し、桜花賞・オークスともに1番人気に推された実力馬でした。
それだけでなく父が高速馬場に適性を示しつつあるマイネルラヴで、ひょっとするかもしれませんね。
ここを勝って母の果たせなかった夢に向う事が出来るでしょうか。
そういう意味でも注目の1頭です。



posted by 恐れ入ります at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログのランキングサイトがOPENしました☆
この機会にぜひご参加の検討をよろしくお願いします。
ブロガーズ・ランキング
http://www.blogers-ranking.com/
Posted by ブロガーズ・ランキング at 2004年10月10日 04:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。