2005年05月28日

東京優駿

東京優駿.jpg

ディープインパクト
今回もやはりコンゴウが行くでしょう。
加えてブレーヴハートを援護射撃したいシャドウ、そしてコスモ。
流れは決してスローにはならず、3ハロン通過は36秒を切ってくると思います。
この馬自身は未経験ですが、前走皐月賞は先頭がおよそ35秒で3ハロン通過。
それを余裕綽々で0.4秒突き放したのですから、当然ここで能力を疑う余地もありません。
5月29日、府中の直線で必ずや"第2の衝撃波"が突き抜けるでしょう。

アドマイヤジャパン
皐月賞では外枠から一気に5番手まで押し上げ。
前半35.7-後半34.8と自分の形で真っ向勝負。
結果は0.6秒差でしたが、府中の2400mなら少しはと思わせる内容でした。
この中間は終いを伸ばすように追い切っており、ひょっとすると後方策を採るかもしれません。

ペールギュント
皐月賞、NHKマイルCと厳しい流れのレースで6・4着。
距離云々もありますが、展開次第で何とでもなります。
35秒〜36秒台でコンスタントに末脚を使えるのが魅力で、上位争い可能です。
イメージ的には昨年のハーツクライと被ります。

シックスセンス
掛かりの良いこの馬とすれば、やはり中山。
しかし前走の内容は東京コースでもと思わせるものでした。
流れが速くなるのは好都合です。

ニシノドコマデモ
前走は僅かに届かず2着。
それでもAコース使用の内有利で五分どこから駆け上がって来たことや、いかにも本番を見据えた位置取り。
今回はその前走以上のパフォーマンスを見せてくれそうです。

アドマイヤフジ
皐月賞では大外を回って5着。
その後京都新聞杯を使いましたが、道中の手応えからは明らかに本調子でなかった気がします。
当然インティライミとの勝負付けは終わった訳でなく、調教で前走時より上昇気配な事からも逆転するものと考えています。
不器用でエンジンの掛かりが遅く、府中で花開く可能性は十分です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3972962

この記事へのトラックバック

日本ダービー 追記
Excerpt:  東 京 1 0 R   日 本 ダ ー ビ ー  ◎ディープインパクト ○インティライミ ▲シックスセンス △ブレーヴハート △ニシノドコマデモ △ダンツキッチョウ
Weblog: Castor Room
Tracked: 2005-05-29 08:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。