2005年05月28日

白藤賞

白藤賞.jpg

エイシンインパール
テイエムが行きたいが、それを交わしてサザンが35.5前後で3F通過。
この馬にとってその条件は未経験も、5前走のダートで前半35.7というラップを経験済み。
そこで終い37.6を使っているのですから、ここでは十分足ります。
近走の芝実績も加え、ここは一枚抜けていそうです。

テイエムライナー
昇級後の2走が好内容。
特に前々走の前半35.6-後半35.3が光ります。
少し足らないところもありますが、小回り中京ならもうひと押し可能でしょう。

エムティーエアー
長い沈黙を破り、ようやく前走で復活したようです。
今回も同じような流れが期待でき、うまく立ち回れば上位争い可能です。

キングプログレス
好不調の差が激しい、というより流れに乗れるかどうか。
5前走、3前走と今回に近い流れを経験し、それぞれ6・3着。
ここで一発あってもおかしくありません。

ワンダーガジ
エムティーの前走で掲示板に載ったのがこの馬。
中京巧者の鞍上と上手く立ち回れば、無きにしも非ず。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。