2005年05月21日

牡丹賞

牡丹賞.jpg

コパノスイジン
アジャリとゴールドジェネラルが飛ばすと、3F通過が35秒半ばの速い流れになりそう。
前走それより1秒も速い流れを先団で走り、2着に食い込んだのがこの馬。
前が牽制し合うようなら自ら行く事も可能で、展開面でかなり有利です。

ノーヴァーチャル
前走は出遅れも速い流れを34.9の末脚で3着。
ひと叩きした事で上昇もありそうで、府中の長い直線も魅力です。
配合からもこの展開でアッサリ沈むという事は無さそうです。

ゴールドルパン
ここまで4戦使いましたが、まだまだ未知数。
戦績からすればスローを前で粘るのがベストでしょうが、初めての流れで一変の要素も秘めています。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。