2005年05月07日

京都新聞杯結果

京都新聞杯結果.bmp

サンデーレーシング.png

1着はインティライミ
水を含んだ稍重馬場。
2ハロン目で先行が激化し、3F通過タイムは35.8となりました。
最後方で待機し、向正面で進出開始しました。
4角で先団に取り付いた後は、得意の道悪馬場をスイスイと伸びる一方。
内でコメディアが渋太く食い下がりましたが、何とかハナ差退けました。
本番でも消耗戦、それも道悪になれば怖さが何倍にも増します。

2着はコメディアデラルテ
スタート直後は勝ち馬と同じような位置取りも、ワンテンポ早く進出開始。
4角で上手く内に潜り込み、最後まで渋太く伸びました。
長い脚が使えるのはこれまでで証明済みですが、道悪適正もかなりありそう。
また前2走で見せたモタレもそれほど目立ちませんでした。
府中の長い直線ではさらに上昇がありそうです。

3着はアドマイヤフジ
先着された2頭と同じく、後方からの競馬。
水を含んだ馬場で脚を滑らせたのか、それとも前走の消耗が大きかったのか。
福永ジョッキーのゴーサインが出ても、いつもの反応がありませんでした。
3分3厘で追っ付けられようやくエンジンが掛かったようですが、時既に遅し。
終いも本来の切れが見られませんでした。
これで父の制したダービーの舞台には立てず。
立て直して父の成し得なかった菊制覇に向け、再度出直しとなりそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:06| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3491649

この記事へのトラックバック

京都新聞杯などの結果
Excerpt: 今年のパターンは逆で、京都新聞杯が比較的堅く、プリンシパルが大荒れか。 【京都新聞杯】 ケイアイへネ
Weblog: [的]競馬ニュース的ブログ
Tracked: 2005-05-07 18:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。