2005年05月07日

プリンシパルステークス結果

プリンシパルステークス結果.bmp

平井豊光.png

1着はエイシンニーザン
道中は終始3番手をキープ。
直線ではやや窮屈になったものの、34.2の末脚で際どく差し切りました。
やはり前半のラップは速い方が良さそうです。
本番ではマイペースで行くのか、今回のように番手で控えるのか。
3F通過タイムが大きな分け目となりそうです。

2着はシャドウゲイト
未だ条件クラスで11番人気。
しかし前半軽快に飛ばし、3F過ぎで一旦ペースダウン。
直線で仕掛けられると、もう一度軽快にラップを刻みました。
これまでの戦績以上に強い競馬で、最も収穫のあった馬はこの馬でしょう。
本番では恐らく展開の鍵を握る事になりそうですが、一気の相手強化でも侮れません。

3着はディーエスハリアー
スタート直後で好位に付け、抜群の手応え。
最後も力強く伸びましたが、ダービーへは僅かにクビ差届かず。
しかし次はスンナリ勝ち上がりそうで、秋にはパワーアップして帰って来るはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:43| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

京都新聞杯などの結果
Excerpt: 今年のパターンは逆で、京都新聞杯が比較的堅く、プリンシパルが大荒れか。 【京都新聞杯】 ケイアイへネ
Weblog: [的]競馬ニュース的ブログ
Tracked: 2005-05-07 18:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。