2005年05月07日

京都新聞杯

京都新聞杯.jpg

アドマイヤフジ
今回ケイアイの生み出す流れは、前半3F36.0前後になりそう。
ここ2走で37.6、36.8と前半のラップが速くなるほどパフォーマンスを向上させているのがこの馬。
京都コースが必ずしもプラスとは言えませんが、外回りコースなら許容範囲です。
母アドマイヤラピスが長距離を中心に活躍したように、距離延長も問題ないでしょう。

インティライミ
前走スローも、前半は意外と速くなりました。
内容はアドマイヤと同等のパフォーマンス。
馬場が湿っているので、道悪巧者のこの馬にはプラスに働きそうです。

ヴァーミリアン
前走は着差ほど負けている印象はありませんでした。
状態はさらに上昇し、休み前に近いものです。
萩Sのようなレースが出来れば巻き返し可能ではないでしょうか。

コンゴウリキシオー
前走はビッグプラネットに喧嘩を売るような形で失速。
まだ能力の大半を出し切っているイメージは無く、注意が必要です。
理想はくすのき賞のようなラップを刻む事でしょうが、番手で巧く立ち回れば上位食い込みの余地ありです。

ケージーツヨシ
相手なりの競馬も、前走の前後半タイムを見るとこの馬も強いことが分かります。
極端に流れが速くなるようなら、上位に顔を出してきそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:55| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

京都新聞杯・プリンシパルS予想
Excerpt: ■第53回京都新聞杯(G2)3歳(混)(指)馬齢 芝2200m 元々は秋に行われていた菊花賞トライアルだったが、5年
Weblog: [的]競馬ニュース的ブログ
Tracked: 2005-05-07 13:19

鬼馬「京都新聞杯、プリンシパルステークス」臨時版
Excerpt:  天気は回復しそうですね。いよいよダービーという感じですが、その前にNHKマイルカップ。桜花賞馬の参戦で今までと違った楽しみがありますね。
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-05-07 13:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。