2005年05月07日

プリンシパルステークス

プリンシパルステークス.jpg

ビッグタイガー
シャドウゲイトの逃げは、恐らく始めの3F37.0を切るか切らないか。
この馬はその流れを2度経験しています。
中京2歳Sでは外をマクって4着、前走ひめさゆり賞でもマクって1着。
手綱を執っていたのはいずれも今回騎乗の長谷川ジョッキーです。
天皇賞で2着した兄に続いて、今週は弟の番。

エイシンニーザン
ここ2走は37秒後半のラップに戸惑ったか、案外の結果。
ただそれ以上の流れになると、本来の姿を取り戻しそうです。
デキは高値安定といったカンジで、一気に巻き返し可能。

アスカロン
ここを目標に万全の態勢で挑んできました。
父がブライアンズタイムなら、速い流れは歓迎の性質です。
ただこれまでユッタリした流れしか経験しておらず、対応しきれるかどうか。

ディーエスハリアー
前走で中山以上に府中があっているように思いました。
タフさのある配合で当然好勝負を期待したいのですが、終いにどれだけ脚を残せるかが鍵になります。

マルカジーク
ここまでの実績では間違いなく最上位。
見た目の戦績では安定しているのですが、内容はそうとも言えず。
うまく嵌ればダービーの権利取りも圏内です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:30| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3485337

この記事へのトラックバック

鬼馬「京都新聞杯、プリンシパルステークス」臨時版
Excerpt:  天気は回復しそうですね。いよいよダービーという感じですが、その前にNHKマイルカップ。桜花賞馬の参戦で今までと違った楽しみがありますね。
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-05-07 13:37

手綱
Excerpt: 手綱手綱(たづな)は、乗馬する際、馬とコンタクトをとるための道具の一つ。頭絡の一部で、ハミに直接つながっている。乗り手はこれを手に持って、左右の方向指示や止まれの合図を馬に与える。...
Weblog: 『手綱』について
Tracked: 2005-05-09 19:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。