2005年04月29日

端午ステークス

端午ステークス.jpg

カネヒキリ
外枠の3頭のハナ争いに、内目からも行きたい馬がいるようで、かなり速い流れになりそうです。
そうなれば、ダートでの2戦が素晴らしい内容だったこの馬のもの。
着差も当然ですが3前走の前半37.5、後半36.7というのは、この時期の3歳馬がそう簡単に出せる時計ではありません。
ここは楽に突破したいところです。

デイフラッシュ
前走の伏竜Sではダイワキングコンとのデッドヒートを演じましたが、0.1秒及びませんでした。
ダートでは不利のあったレースを除けばパーフェクト連対。
時計面での不安が無いわけではありませんが、ここなら上位です。

セレスエンブレム
ここ2走は芝でのレース。
いずれも敗れましたが、ダートなら2戦2勝。
距離経験が無くまだ未知数ですが、芝マイルのNZTで0.8秒差8着なら心配は無さそうです。
先行してどれだけ脚が残せるか、注目してみたいと思います。

アドマイヤムサシ
前々走、ダートに転向してから一変。
兄メイショウホウオウ同様、ダートの適性は高そうです。
前走の沈丁花賞で見せた器用さでさらに前進を期待します。

リードオフマン
近2走は芝で惨敗ですが、ダートでは嵌れば斬れます。
3前走のような末脚が使えれば、ここでも上位に顔を出しそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3218185

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。