2005年04月29日

八重桜賞

八重桜賞.jpg

ニシノナースコール
レオとカシノのハナ争いで恐らく平均ペース。
そうなれば、新馬戦で前半3F36秒台の流れを終い35.0で差し切っているこの馬のもの。
前走の若竹賞は外を回ったため、0.6秒差の6着に終わりましたが、
今回は誤魔化しの利かない東京コースで巻き返します。

カゼノユクエ
前走、スローの山藤賞では5着。
ただこれは蛯名Jの内を掬う好騎乗で、本来は平均以上の流れでこそ。
さらに東京コースなら、2月の春菜賞で見せたような鋭い末脚が繰り出せます。
春風に乗ってトップで駆け抜ける事が出来るでしょうか。

シンボリコジーン
素質の片鱗を見せながらも、出遅れが災いして結果が残せていません。
今回もゲートが鍵になりますが、スンナリ出れば五分の勝負が出来る馬です。

ドクターグリム
前走は絶好の勝機に思えましたが、展開が向かずクビ差2着。
今回は展開が向きそうですが、終いの脚にそれほど自身の持てるタイプでもないので、
前半での位置取りがキーポイントだと思います。

サクラトライアンフ
戦績を見ても分かるように、休み明けの若竹賞を除けば速い流れで安定しています。
タフなレースで活躍している事から、東京コースもこなしてくれそうで目が離せません。

コパノスイジン
ベストはスローでの先行でしょうが、前走の粘り込みが味のある内容。
前の止まらない馬場を考えると、ひょっとしたら好走もありえます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。