2005年04月24日

フローラステークス

フローラステークス.jpg

ディアデラノビア
桜花賞トライアルを賑わしたこの馬が、樫の舞台で巻き返しを誓います。
連闘のフィリーズRでもテンションが上がらなかった事から、府中への輸送はそう苦にならないはずです。
むしろ長い直線で紛れなく切れ味を活かせそうです。

レースパイロット
ミモザ賞では一瞬ヒヤッとしましたが、際どく勝利。
早めから長く脚を使い、終いは35.0。
兄同様、東京向きの脚質のようです。
今回はレースの主導権を握れるでしょうか。

ピサノグラフ
ここまでパーフェクト連対。
東京では3回走って全て2着ですが、どれも出遅れてのもの。
放牧を挟んで気性面で成長した今なら、ゲートで後手を踏む事も無さそうです。
昨日絶好調のデザーモ騎手にも注目です。

パーフェクトマッチ
新馬戦で皐月賞2着馬シックスセンスを破るなど、これまで強敵相手に頑張ってきました。
クイーンC以来の2ヵ月ぶりですが、良馬場でできる今回は前走のような事はないはず。
叔父にトウカイポイント・パープルエビス。
爽快なスピードで開幕馬場を疾走してもらいたいもの。

ウェディングヒミコ
このところの脚質転換でようやく力を発揮してきました。
長くいい脚を使えるのは府中の直線向きと言えます。
平均ぐらいで流れてくれれば、さらに威力が増しそうです。

メジロトンキニーズ
前走は一旦好位から下げての追い込み。
それでも35.1の脚を使っているのは評価できます。
紛れがなければ番狂わせが起こりそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:31| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3128734

この記事へのトラックバック

追い込み馬が好走と思っちゃう罠。フローラステークス予想!
Excerpt: どうも東京開催と聞くと、みんな追い込み馬が穴って思うのだがそりは間違いです! 東京で穴になるのは、追い込み馬より圧倒的に前残りでの穴の方が多いのです! だいたい大外一気なんて力がなければできませんし..
Weblog: キルトクールブログ
Tracked: 2005-04-24 19:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。