2005年04月23日

ムーニーバレーRC賞

ムーニーバレーRC賞.jpg

ホーマンファラオ
前走の新馬戦ではスタートから先頭に立ち、直線で後続を突き放すという強い内容。
開幕週の馬場もこの馬にとっては有利でしょう。
マイネルセレクトで復活の兆しが見られる「華麗なる一族」からクラシック戦線に殴り込みを掛けます。

チョウノゾミ
配合からは速い流れでこそという印象ですが兄にスーパージーンがおり、あながちスローが駄目とも言えません。
実際、出遅れた梅花賞では直線鋭い脚を見せました。
今回は武豊騎手が初騎乗で、新たな一面が窺えるかもしれません。

ラドランヴァリュー
今回唯一関東からの参戦。
地方からの転入後チグハグなレースが続いていますが、ゲートさえスンナリ出れば鋭い切れ味を使えます。
京都巧者本田優ジョッキーの手腕に注目です。

ケージーツヨシ
実力的には一枚抜けている存在ですが、いかにもパワーで押し切るといったタイプ。
阪神から京都に替わるのはプラスとは言い難く、早めのスパートが鍵となりそうです。

キングプログレス
前走は混戦を内からスルスルと抜けて3着。
久々に好走しました。
距離が延びて良さが出てきた模様。
スローでどうかまだまだ未知数ですが、早めの進出で馬場を見方に付ければ好走もありそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。