2005年04月17日

ベンジャミンステークス結果

ベンジャミンステークス結果.bmp

シルク.png

1着はシルクネクサス
逃げるケイアイを離れた2番手で追走。
この馬が無理に競らなかったことで流れが落ち着きました。
4角手前で仕掛け、ラスト3Fのタイムは34.2。
デムーロ騎手のゴーサインが出た時の反応が素晴らしく、なるほどグラスワンダー産駒といった感じでした。
これまでの印象を払拭するような内容で、今後も小回りで活躍しそうです。

2着はケイアイヘネシー
前が有利というトラックバイアスがあったにせよ、果敢に逃げて前半36.8・後半35.1で纏めたあたりは流石。
この馬も小回り、京都なら内回りが良さそうです。
中京の白百合Sあたりに出てくるようなら、今回同様に好内容のレースが期待出来ます。

3着はメガトンカフェ
流れが落ち着いてしまったのが、この馬にとっては大きな誤算。
どちらかというと自身もそうですが、他力本願なところの多い兄弟。
シルクとは対照的に、肝心な仕掛け処で置かれてしまいました。
田中勝春騎手のレース後の談話にその悔しさが滲み出ています。
こんなことならいっそ、ハナを叩いてしまえば良かったなという感じでした。
これでローテ的に、ダービーへの出走は厳しくなりました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3013134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。