2005年04月16日

はなみずき賞

はなみずき賞.jpg

コメディアデラルテ
昇級後の格上挑戦、さらに初めての芝だった前走の毎日杯が上々の内容。
上がりの3Fこそそれほど目立ったタイムではありませんが、先行策から持続力のある脚を使って5着。
切れ味自慢の馬がいない今回は堂々の主役です。

アドマイヤサンサン
時計や脚質でコメディアデラルテと天秤に掛けられる能力の持ち主。
ただ速い追い切りがあと1、2本欲しかったというのが本音です。
それは休み前と今回の追い切りを比べれば一目瞭然。
ラストの伸びは不満の残るものでした。
とはいえ、黄菊賞のような走りが出来れば接戦は可能です。

ナムラコウラン
美浦の田村厩舎から新規開業の矢作厩舎へ転厩。
今回がその初戦となります。
ただデビュー戦以来減り続けた馬体がどこまで回復しているか。
それでも陣営は内容の濃かった新馬戦と同じ逃げの手を表明しており、
今の阪神の馬場状態を考えれば粘り込みが無いとは言えません。

コウエイマーブル
切れ味が無くとも、前で流れに乗ればすみれSぐらいの競馬が可能です。
ただ現状はそれが精一杯といったところ。
勝ち負けまではどうかと思いますが、多少の見せ場は作れそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。