2005年04月16日

ベンジャミンステークス

ベンジャミンステークス.jpg

メガトンカフェ
前走は驚きの逃げの手。
最後までチョウサンと接戦を演じ、僅差の2着。
それまで後方からの競馬でしたが、それほど切れるという脚は持っていないのでここでも前々の競馬になりそうです。
この馬の最大のセールスポイントは最後までシッカリ伸びる粘り強さ。
先行が激化しそうな今回、それがフルに活きてくるはずです。
ここを勝ってプリンシパルSで権利獲りという青写真通りに進みそうです。

トウショウアタック
半兄は重賞で連続2着と活躍しているトウショウナイト。
Storm Birdの出る牝系で、馴染みのあるところではビワシンセイキがいます。
本馬はそのビワシンセイキと大方血統構成が似ています。
サイアーラインはフォーティーナイナーが一つ代を経ている事で芝に対応できているようですし、
コチラの方が母系にRibot系のJava Goldを挟んでいる分パタッと止まってしまうような単調さがなく、レース終盤での粘り強さがあるようです。
休み明けだった黄梅賞が上々の内容、前走も展開次第で複勝圏内に顔を出していたかもしれません。
今回はチャンスありと見て良さそうです。

ドラマチックテナー
まだ適性が掴みきれていない馬ではありますが、ここも後方一気が通用しそうな気がします。
前走は勝ち馬がダンスインザモア。
出遅れはしましたが、出遅れた上での不良馬場の上がり3F36.4は評価に値します。
中間の動きも良く、波乱があるとすればこの馬でしょう。

シルクネクサス
前走の若葉Sでは逃げて5着。
チグハグなレースの続いていたこの馬としては上々の内容だったように思います。
ただお終いは甘くなってしまいましたので、現状はパワーアップが必要といったところ。
今回も厳しい事に変わりはありませんが、上手く同型を捌ければ。

ケイアイヘネシー
この馬もこの所期待ハズレ。
ただ今回は武豊ジョッキー、何らかの秘策があるかもしれません。
これまでの実績を加味した上で注意が必要です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:56| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鬼馬「ベンジャミンステークス」臨時版
Excerpt:  中山グランドジャンプ、予想を離れて見たらなかなか見ごたえのあるレースですね。ところで明日は牡馬3冠の第一弾皐月賞です。前日ではディープインパクトが1.5倍。さて多頭数を経験してなくても力の差で楽勝と..
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-04-16 22:17

サイアーライン
Excerpt: サイアーラインサイアーライン(メールライン、父系)とは、ウマ|馬の父方の血統のこと、またはその関係図を表にまとめたものである。競走馬にいて血統は非常に重要な物となっているが、血統の父方のみに焦点をあて..
Weblog: 『サイアーライン』について
Tracked: 2005-05-09 18:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。