2005年04月10日

忘れな草賞

忘れな草賞.JPG

ジェダイト
前走フィリーズRでは、この馬に速い流れでの逃げ粘りを期待しましたが5着。
それほど速くない上がり時計から、適性はスローの前粘りに絞れたと思います。
事実、昨年の赤松賞では桜花賞出走馬でフェアリーSを制したフェリシアに勝っており、更にはエルフィンSでエアメサイアに肉薄しました。
となれば、ここでは当然最上位という事になります。

オリエントチャーム
この馬もスローだった紅梅Sで34.5の決め手を使っていますが、同じタイムを後方から使ったらどうなるか。
当然追い付けません。
ただ出遅れ癖が気になるも、五分に出ればそれ以上のものを発揮する可能性はあります。

シンシンマーキー
10戦目にしてようやく未勝利を脱出しましたが、ジョウノビクトリアやダンツクインビーといった重賞好走馬と接戦を演じています。
またジョウノに敗れた時は、トップスピードに乗れる直線の短い中京で35.2。
それ以来の落ち着いた流れですので、直線の長い阪神ならそれを詰めてくるのは当然です。
ただラストタイクーン×タマモクロスという平坦向きの傾向のある種牡馬が重ねられているのが心配材料です。

ブリトン
ジェダイト以上に決め手の無いこの馬にとっては、前半でいかに貯金ができるかが鍵です。
いっそのこと平均ペースで引っ張れば、人気馬に一泡吹かせる事は可能。
幸四郎Jの手綱捌き次第で大波乱もあります。

リヴァプール
どんな展開でも確実に差して来るのが、この馬の真骨頂。
ただどちらかといえば、速い流れの方が切れるようです。
今回も好走は可能ですが、勝ち負けには他馬の手助けが必要です。

コスモマーベラス
この馬も想像していたより切れません。
ですのでジェダイト同様、先行粘り込みがベスト。
デムーロJが終いに懸けたりしなければ良いのですが。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2876549

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。