2005年04月03日

ミモザ賞結果

ミモザ賞結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はレースパイロット
スタート直後は後方、向正面で仕掛けると最後まで長く脚を使いました。
外を回った事もありますが、思ったよりクビ差と際どい結果に。
もう少しパンチ力が欲しいように思います。
ただ長くいい脚を使ったという事は、オークストライアル・本番の行われる東京コースでの上昇の余地を残したという事になります。

2着はイエローパピヨン
中団でジッと我慢し、直線弾けるように伸びました。
アグネスワールドの産駒としては異例の2000mでの好走には驚き。
もう少しスパートが早ければとも思いますが、逆にダメだったかもしれません。
その辺りの適正がまだ掴みきれていないので、次走以降も注目したいと思います。

3着はセリーナトロフィー
終始逃げるタマヒカルに絡む走りでしたが、よく粘りました。
Buckpasserのクロスからダート向きだと思っていましたが、そのクロスが辛抱強さを与えていたようです。
マイルあたりのもう少し忙しい距離なら、このクラスで押し切りも可能だと思います。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2760047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。