2005年04月03日

伏竜ステークス

伏竜ステークス.JPG

ダイワキングコン
久々の芝だった前走の弥生賞は0.3秒差の4着。
馬場状態が良かったとはいえ、この馬の状態がいい事も事実。
今回は初めての1800mですが、自慢の辛抱強さで前々の押し切りを狙います。

デイフラッシュ
中山のダートはここまで2-0-0-1と好相性。
前々走ではダイワに0.1秒差2着。
直前の動きも良く、逆転は可能です。

アイノグレース
デビュー以来、ここまで2-0-0-1。
しかも敗れたのは初めての芝で重賞だった前走のみ。
母系からはやや短距離向きかとも思いますが、父がスペシャルウィークなら多少は長めにシフトしていてもいいはずです。
今回は追える田中勝春Jが騎乗。
期待できます。

サンダーペガサス
こちらも2-0-0-1で、敗れたのは芝のクロッカスSのみ。
終いがもう少し伸びれば文句無しですが、今回はこれ位の評価が妥当ではないでしょうか。

イブキサブデュー
今回は初の1800m。
しかしながら、ヒヤシンスSの内容ならここは通用してもいいはず。
ある程度前に付ければ好走が期待できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。