2005年04月01日

ミモザ賞

ミモザ賞.JPG

レースパイロット
まさかの3着だったエルフィンSから、早2ヵ月。
ターゲットを桜花賞からオークスに切り替えての再登場です。
その前走は手応えが悪かったうえに、前残りの馬場に泣かされました。
今回は更にシェイプアップしての出走となりそうですが、それはここを勝ちたいという陣営の意気込みのようにも取れます。
タマヒカルのレースメイクでユッタリとしたペースになりそうで、メンバー随一の末脚を持つこの馬には敵無しといった印象です。

グランドエナジー
近走は平均以上の流れであと一歩及ばず。
それでもコンスタントに走れているのは能力の高さ故でしょう。
久々のスローになりそうで、赤松賞での切れ味が活かせれば好勝負が期待できます。

メジロトンキニーズ
休み明けで出遅れが最後まで響いた前走から、大きな上昇カーブ。
血統背景からも距離延長はプラスなはずで、実際休み前は1800mを豪快に差し切っています。
ユッタリした流れなら、切れ味は更に増しそうです。

シャイニングスルー
アクレイムに食い下がった新馬戦や際どく凌いだ未勝利戦からすると、前回の凡走は拍子抜け。
流れが向かなかったのもありますが、馬体重減が大きく響いたようです。
今回はどれだけ馬体重を戻して来れるかが鍵です。

シルキーステラ
実に堅実に走り、前走でようやく勝利の美酒。
今回は一気に相手が強化しますが、ここも相手なりに走る可能性はあります。
前半での位置取りが大きな鍵です。

プリンセスイブ
これまで平均以上の流れでしか走った事がありません。
それだけに新たな一面を見せる余地はあり。
侮ると痛い目に遭いそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2729140

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。