2005年03月20日

スプリングステークス

スプリングステークス.JPG

パリブレスト
マキハタ、コクサイ、アグネスの行く展開ならかなり速くなりそうです。
前走で1400mのクロッカスSを好位から差し切りました。
今回も好位で我慢し、抜け出す競馬に期待です。

ペールギュント
こちらもデイリー杯2歳Sや朝日杯FSで好走しているように、速い流れはお手のもの。
後方からいかに馬群を捌いてくるかが鍵になります。

ヴァーミリアン
ここまで4戦4連対と安定した戦績。
ただMペースの萩Sでは明らかに格下のテイエムヒットベに敗れました。
また今週の追い切りは全体では好時計を出したものの終い頼りなく、レースでどうでしょうか。
ここで終いズルズル下がってしまうようなら、本番は厳しいものとなります。

ウインクルセイド
葉牡丹賞の内容が良かったのですが、前走京成杯は案外の結果。
道悪が影響したのでしょうか。
とはいえ父の産駒が得意とする速い流れが予想され、良い結果が得られるかもしれません。

カンペキ
折り合いに難のあるこの馬にとって、今回は能力がフルに発揮できる舞台だと思います。
中山も得意としており、侮れません。

ディーエスハリアー
持続力が問われるなら、半姉にエリモシック・ピクシーを持つこの馬にもチャンスあり。
好位でのレースも板に付き、それが今回爆発するでしょうか。

ダンスインザモア
この馬も持続力があります。
2勝はともに道悪と、相当なスタミナを秘めているようです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2507925

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。