2005年03月19日

フラワーカップ

フラワーカップ.JPG

シーザリオ
ここまで2戦2勝で、それぞれ負かした相手がチューリップ賞3着ダンツクインビーときさらぎ賞3着のアドマイヤフジ。
重賞級であることは既に証明済みです。
今回は前走から比べると随分楽な相手。
ある程度速くなりそうなのも、持続力のあるこの馬に持って来いです。

ラドランファーマ
前走クイーンCではあと少しというところで3着に敗れてしまいました。
ただ、それまでと違って速い流れのレースを経験できたのは今後の強みになりそうです。
この馬も持続力には優れていると思いますので、今の中山コースには向いているはずです。

ウェディングヒミコ
ラドランがホワイトマズル産駒なら、こちらはコマンダーインチーフ産駒。
これも同じく持続力を問われるレースで強さを発揮する1頭だと思います。
馬自体も使いつつ結果を残し、前々走・前走と強い内容でした。
ここが力試しの場になりますが、そう力量差はないと思います。

シャルムーズ
前走はダートで大敗。
2戦1勝でまだまだ未知数なところが多いのですが、血統構成からはここをこなせても何ら不思議ではありません。
中間の動きも良く、今回のレースは同じサンデー産駒でもサオヒメよりもコチラの方が合っていそうです。

スルーレート
前走ヒヤシンスSでは牡馬に混じって走りましたが、ハナを切れず惨敗。
ただハナさえ切れれば芝の今回もそこそこやれるだけの力は持っています。
5走前にレコード勝ちしているように、スタミナが豊富そうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2487657

この記事へのトラックバック

3/19 11R 第19回時事通信杯フラワーカップ & 若葉S
Excerpt: 2005年 3月19日(土)2回中山7日目  15:40発走 11R第19回時事通信杯フラワーカップ 3歳・オープン・G3(別定)(牝)(混)(特指) 芝1800m 14頭立 枠馬馬名性齢騎手斤量父母..
Weblog: Target de WinGet
Tracked: 2005-03-19 10:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。