2005年02月26日

水仙賞

水仙賞.JPG

コスモオースティン
500万下・オープンで好走が続いています。
またその堅実さの裏返しが詰めの甘さである事も否定できません。
しかしながらこれまでに比べると出走メンバーにオープン好走馬はカンペキしかおらず、相手関係がグンと楽になった事は一目瞭然です。
これなら惜敗続きに終止符を打てそうです。

カンペキ
コスモと同様にここでは実績上位です。
また前の止まらない馬場は、この馬にもプラス材料です。

メガトンカフェ
ここでは血統面で図抜けた存在です。
確かに初戦で負かした相手は500万下でパッとせず、2戦目ではキャリアの浅さを露呈してしまいました。
しかし、追い切り内容からは休養が良い結果になっていると思える節もあります。
これまでと一変して、アッサリ勝っても不思議ではありません。

アクレイム
前走は3方が壁になり、なかなか抜け出せず2着。
スムーズな競馬なら恐らく楽勝だったでしょう。
今回は中山コースですので、前走以上に位置取りが鍵になります。

エアフォルツァ
前走のゆりかもめ賞では引っ掛かってレースになりませんでした。
折り合いさえ付けば、ここでも通用する素材です。
初騎乗の横山典ジョッキーがどう乗るでしょうか。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。