2005年02月26日

アーリントンカップ結果

アーリントンカップ結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグプラネット
まず驚いたのがロケットスタートでした。
ここ最近、あんなゲートは見た事がありませんでした。
当にお手本とも言えるゲートでした。
そして、テンと終いの1ハロンを除いて全て11秒台のラップ。
さすがに終いは甘くなりましたが、キャリア2戦目にしては素晴らしい内容でした。
距離は今日くらいが良さそうで、これ以上の距離で相手が一線級になると少し辛そうです。

2着はセイウンニムカウでした。
今日のレースはハッキリ言って100%の力を出し切れていません。
というのも、アンカツジョッキーの位置取り。
これまでの好走や良好で前の止まらない馬場を見ていれば、7番手追走はありえない乗り方だと思います。
西山オーナーや上原調教師にとっては、着差以上に悔しい2着ではないでしょうか。

3着はインプレッション
休み明けの上、調教でもサムソンハッピーに煽られていた事を考えれば上出来ではないでしょうか。
松永幹夫騎手が最も得意とする好位抜け出し、コンビの相性は抜群です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2152441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。