2005年02月19日

ヒヤシンスステークス

ヒヤシンス.JPG

シルクストリート
ダートに替っての3戦は2・1・1と走りが一変しました。
この馬の売りはなんと言っても先行しての粘り強さです。
マーベラスサンデーの出る牝系もさることながら、Graustarkの5*4やRaja Babaを再現するような血統構成がその原動力となっているようです。
ここでもシッカリ走ってくれそうですし、流れが速くなるほどチャンスは広がるはずです。

ドンクール
前走は3着以下を大きく離しての勝利でした。
確かに能力・実力ともに上位ですし、直線が長くなるのも魅力です。
しかし1kg余計に背負うのと、時計面に不安があります。

ディープサマー
ダートをこなせれば当然勝ち負けです。
あとは砂を被った場合、どう出るでしょうか。

ツルマルフェロー
大外を回って差し切った樅の木賞でダート適正は十二分に示しています。
直線が長いのもマイナス材料にはならないはずです。

マイネルマリク
ユニコーンSで2着した半兄ロバノパンヤに比べるとパンチ力に懸ける配合です。
しかしダートでの走りは上々で、破った相手もその後好走しています。
ここは侮れません。

ミステリーゲスト
これまで2-2-2-0と実に堅実で、ダートに限ると2-0-0-0です。
あとは位置取りが鍵でしょう。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2027822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。