2005年02月13日

きさらぎ賞結果

きさらぎ賞結果.JPG

金岡久夫.bmp

1着は2番人気のコンゴウリキシオーでした。
好発から4番手を追走し、4角から直線に入ると一気に加速。
ハナ差も34.5の末脚を使っての勝利は着差以上に内容の濃いものでした。

2着はディアブロ産駒のマキハタサーメットでした。
コーナーが2つのコースでこれだけやれたのですから、負けて尚強しといった感じです。
このあとの中山・阪神では今回よりもコーナーが増えるので、よりレースがしやすくなるはずです。

3着は1番人気のアドマイヤフジ
最後方からレースを進め4角で大きく外に持ち出すと、直線では33.7の鋭い末脚を繰り出しました。
しかし勝ち馬に34.5で上がられては勝てるはずもありません。
今回も位置取りが仇となり、2勝目はまたもお預けとなりました。


シンメイレグルスは何とシンガリ負け。
3分3厘で少し手応えが怪しくなっていました。
また切れる脚は無さそうですので、今後芝のレースで好走するにはもっと前に付ける必要がありそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:39| Comment(0) | TrackBack(5) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1926508

この記事へのトラックバック

[4連敗]もの凄く悔しいハナ差負け!「きさらぎ賞」
Excerpt: ■勝ったと思ったんだけどなぁ??「マキハタサーメット」 「マキハタサーメット」の意
Weblog: 連敗爆進王の競馬放浪記
Tracked: 2005-02-13 17:42

●太いの堅いの 反省 ダイヤモンドS/きさらぎ賞
Excerpt: 例によって勝ち馬と◎について。 ダイヤモンドS 勝ったウイングランツは、馬の頑張りもさることながら松岡の好騎乗が光った。レースは1番人気のハイアーゲームとともに最後方から追走。徐々に位置を上げつつ、2..
Weblog: 顔出しNG??太いの堅いの
Tracked: 2005-02-13 19:37

金剛力士王
Excerpt: ずいぶんイカツい名前ですよね、コンゴウリキシオー。 ディープインパクトばかりに目が行っていた3歳牡馬でしたが、この馬もケッコウ強いなぁ、というのが今日のきさらぎ賞(G〓)を見ての感想でした。 で、..
Weblog: 気の向くままに思うまま
Tracked: 2005-02-13 20:04

煮え切らない結果(きさらぎ賞)
Excerpt:  きさらぎ賞は、外国産馬のコンゴウリキシオーが勝った。コンゴーリキシオーはStr
Weblog: 血の向くまま
Tracked: 2005-02-14 17:44

重賞回顧
Excerpt: もはや目も当てられない状況です・・・ ダイヤモンドS 1着   ウイングランツ 2着   ハイフレンドトライ 3着 ○ チャクラ : 6着 ◎ ワンダードリーム ウイングラン..
Weblog: CGetの馬事争論
Tracked: 2005-02-14 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。