2005年02月12日

ゆりかもめ賞

ゆりかもめ賞.JPG

展開:Sペース
Fコパノスイジンがテンの3ハロン37.5前後でハナへ。
次いでBコスモオースティンが少し離れた2番手を追走。

アドマイヤコング
前走の若駒ステークスは次元の違った勝ち馬をマークする形で、ゴーサインが遅れた為に脚を余す結果になりました。
上の姉妹にウェルシュステラ、ヒカルドウキセイとどちらもトップスピードに乗ってからの切れ味は抜群です。
ここまで上がりの3ハロンは34.8が最速ですが、3角過ぎからの仕掛けで長くイイ脚を使っています。
長い直線の東京コースで威力は格段に増しそうで、坂があるのも魅力的です。

コスモオースティン
いつもあとひと押しが利きませんが、裏を返せば相手なりに堅実に駆けています。
後方を引き付けてラスト2ハロン標識あたりまで溜める事が出来れば、勝ち負けは可能です。

ヴェルティージュ
前走セントポーリア賞では終い34.1の脚を使いました。
いつもスタートで後手を踏んでいて、前走はモロにそれが着差に出てしまいました。
3ハロン延長の今回は多少なりとも追走が楽になりますので、食い込みの余地は大です。

イブキレボルシオン
高い素質を評価されながらも初勝利まで7戦を要しました。
その最大の原因は気性面です。
これまでで最長の距離、そしてゆったりとした流れですので、いかに上手く折り合って走れるかが鍵になります。

エアフォルツァ
前走は超スローペースでしたが、大外を回って豪快に差し切りました。
長くイイ脚を使えそうですので、昇級も即通用しそうです。

コパノスイジン
前走は終始先頭集団に位置しながら、終い34.6の脚を使うという非常に内容の濃いレースでした。
またハッキリとした戦法を見出せたのも大きな収穫だったと言えます。
今回も同様のレースが出来るでしょうか。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1910248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。