2005年02月08日

(外)コンゴウリキシオー

(外)コンゴウリキシオー【栗東 山内研二厩舎】

金岡久夫.bmp

出走予定レース
2回京都6日目11R
きさらぎ賞(GV)

デビュー戦は相手が悪かったものの、この馬もラスト3ハロン34.1でまとめており、普通なら圧勝というレースでした。
その後未勝利・特別と連勝し、中2週でここに挑みます。

次元が違った前走のラップタイムは、
12.4-11.0-12.4-12.2-12.4-12.5-11.9-11.7-11.7
で、2ハロン目でグッと飛ばして4角あたりまで溜めるという、先日のストーミーカフェのように理想的なレースでした。

で、今回初めて血統を見てみるとビックリしました。
まず自身がNorthern Dancer3x(4x5)、Mr.Prospector4x4、Almahmoud5x5、Native Dancer5x5(父内)という配合。
2ハロン目の11.0も納得のいくスピードを強調した配合です。
また父StravinskyはBlushing Groomの肌にNureyevという、これまたスピードに特化した配合です。
次に母系ですが、曾祖母La Dame du Lacからはローマンエンパイアを肇として、日本での活躍馬が多数。
またその母Cosmahはご存知の通り、大種牡馬Haloの母です。
インブリードも自身だけではなく何代も重ねられており、特にここ3代は最近の活躍馬が多く持っているAlmahmoudのクロスが多く重ねられています。
スピードだけでなく底力も充分に備わっており、今回の出走場たちもそう簡単には捕まえられないはずです。

今回はテイエムヒットベがいますので、2番手追走になりそうですが、もし競り合って超ハイペースになるようならアドマイヤフジ、シルクネクサス、シンメイレグルスあたりが穴っぽい存在となりそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 今週の注目馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

きさらぎ賞についての考察
Excerpt: きさらぎ賞はクラシックへのコネクションが強いレースです。今年は13頭の登録がありました。どの馬がクラシック候補に名乗りをあげるのでしょうか? 週のはじめではありますが、週刊誌またはサイトで掲載されて..
Weblog: あしたも負けない。
Tracked: 2005-02-08 15:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。