2005年01月30日

バイオレットステークスの結果

violet2.JPG

1着はドンクール
これでデビュー以来、3連勝となりました。
今回の勝因はドラゴンアローが控え、ロードウィズダムのペースになった事が大きいと思います。
そのロードが刻んだラップは前半3ハロン35.6とそう速くなく、前残りの馬場でもキッチリ差せました。
次走以降適当な番組が無さそうですが、時計勝負でどのような競馬を見せてくれるでしょうか。

2着は1番人気のコパノフウジンでした。
コチラの敗因も同じくペースに因るものでしょう。
それでも2着にくるあたり、昨秋から大きく成長している証拠です。

3着は逃げたロードウィズダム
馬場を味方につけてよく粘りました。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:40| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1769900

この記事へのトラックバック

2005年の期待馬 1月29・30日結果
Excerpt: 1月29日 ヤマニンアリエル 4着(クロッカスS・3歳OP 芝1400m) ハナを切らんばかりの好発も二の脚鈍く道中は中団に。スムーズな追走から直線を迎えたものの、追われてキレるでもなくゴールに流れ込..
Weblog: オール素人 顔出しNGの世界
Tracked: 2005-02-01 02:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。