2005年01月30日

くすのき賞

kusunoki.JPG

コンゴウリキシオー
デビュー戦では前半39.5-後半34.1の2:04.5と勝っててもおかしくない内容でしたが、1頭異次元の走りをする馬がいたので仕方ありません。
前走はキッチリと決めてきたあたり、この馬も素晴らしい能力を持っている表れです。
展開不問でここも勝ち負けです。

フジヤマグラス
ここ2走でようやく頭角を現してきました。
3前走の未勝利戦とここ2戦を見て判るように、小回りの小倉は向いていそうです。
あとはグラスワンダー産駒に多く見られる粘り強さを長谷川騎手が上手く引き出せるでしょうか。
ハナでも切れば逃げ切りという事もありそうです。

マヤノスターダム
新馬戦、3前走、前々走と上がりの掛かるレースでは専ら走ります。
ですので小回りの今回はある程度テンが速くなりそうで、侵出しそうです。
器用さもありそうで、橋本美純騎手なら上手く乗ってくれそうです。

ウォーターヘンリー
同じく上がり時計が掛かれば好走している1頭です。
今回の鍵は小回りをこなすだけの器用さを持っているかです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1763339

この記事へのトラックバック

根岸Sの回顧と東京新聞杯及び京都牝馬Sの考察
Excerpt: 東京新聞杯だけ買います。〓グレジャニは遠征では結果がついてこないけどスローな展開と短縮する距離にビビビッ!
Weblog: ばじごご!
Tracked: 2005-01-30 03:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。