2005年01月30日

バイオレットステークス

violet.JPG

コパノフウジン
前半3ハロンのラップタイムが34.6とかなりの速い流れで上がり3ハロン37.8の決め脚を使ったのには圧巻でした。
今回の出走メンバーではドラゴンアローがそれに近いラップで引っ張りそうですので、ここも突破する可能性大です。

シベリアンホビー
3前走、前々走でレコードタイムを連発したこの馬にとっても速い流れは望むところです。
離されたとはいえ、交流GT3着の実績も光ります。
溜めていくのか、ハナを叩いていくのかが見物です。

レッドペガサス
着差だけならこの馬も負けていません。
シベリアンと同じく、前々走でケンタッキーダービーに挑戦予定のプライドキムに0.8差です。
そして前走の園田ジュニアCを制し、もはや兵庫に敵無しです。
重賞で2着の分、斤量が他馬より1kg重い57kgですが、ただの地方馬ではないという事を見せ付けてくれるはずです。

ドラゴンアロー
前走の内容はなかなかのものでした。
今回は前走以上に走らないと厳しいようですが、中間の動きからはまだ上昇中といった感じですので、警戒は当然必要です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

根岸Sの回顧と東京新聞杯及び京都牝馬Sの考察
Excerpt: 東京新聞杯だけ買います。〓グレジャニは遠征では結果がついてこないけどスローな展開と短縮する距離にビビビッ!
Weblog: ばじごご!
Tracked: 2005-01-30 03:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。