2005年01月29日

クロッカスステークスの結果

crocus2.JPG

1着は中団から直線でジリジリ伸びたパリブレスト
チアフル、ディープそれに絡んだメジロがつくったのは前半3ハロン34.3という私が想像していた以上の時計でした。
そうなると展開はこの馬のものです。
前の潰し合いに乗じて見事クビ差で勝利しました。
上がり3ハロンはメンバー中最速の34.7。
ただこのカテゴリーで今後通用するかといえば、展開の助けが必要になる事は言うまでもありません。
距離を伸ばしていって新たな一面が見られるか、今後に注目です。

2着はチアフルワールド
テレビ東京のカメラアングルでは勝ったかと思いました。正直、よく粘ったという印象です。
この要因は潰し合う他の2頭とは違い、前半3ハロン34.9というマイペース(3前走の未勝利戦は34.7)でペリエ騎手が進めたからでしょう。
3勝目はもう目の前です。

3着はディープサマー
無理にメジロを交わして前半3ハロン34.3のハイラップを刻めば、最後垂れてしまったのは当然でしょう。
ただ4着以下に2馬身の差を付けているのは能力の高さの証拠です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1756768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。