2005年01月29日

こぶし賞の結果

kobusi2.JPG

1着は最後方からレースを進めたオリエントチャームでした。
チャレンジシチーのつくった前半35.5の展開を、34.5というメンバー中最速(ブッ千切り)の上がり時計で差しきるという内容。
現時点では同時期の全兄ゴールドアリュールを遥かに超えています。
私は前走の紅梅Sに続き、またオリエントチャームを甘く見ていました。
次走はトライアルに駒を進める事になるでしょうが、展開次第では面白い存在になるはずです。

2着には8番人気のビッグファントム
中団よりやや後方からの競馬でした。
ただ洋芝中心の馬場や展開に助けられた感は否めません。
次走で過剰に人気するようなら、避けたい1頭です。
余談ですが、京都も東京もスペシャルウィーク産駒がよく駆けているようです。

3着はタガノデンジャラスでした。
3番手集団からのチグハグな競馬でした。
やはり後方一気の戦法が合っているようで、次走安田康彦騎手に乗り替わるようなら買いです。

ベストマインドはやはり3角手前から掛かってしまい、4角過ぎで失速して8着。
気性面での成長が必要です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:44| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1756620

この記事へのトラックバック

安田康彦
Excerpt: 安田康彦安田 康彦(やすだ やすひこ、1972年10月19日 - )は日本中央競馬会所属の元騎手である。通算成績は4729戦402勝。滋賀県出身。栗東の調教師・安田..
Weblog: あいねのblog
Tracked: 2007-09-07 06:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。