2005年01月23日

若竹賞

1回中山8日目9R
若竹賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1600m
  1   (父)ライトニングボール 56 北村宏 (栗東)作田
  2      コスモスパーブ   56 小野  (美浦)保田
  3 (父)(地)ビックマウンテン  54 郷原  (美浦)笹倉
  4   (外)シンボリコジーン  56 岡部幸 (美浦)宗像
  5 (父)(地)ラドランロージー  54 ボニヤ (美浦)岩戸
  6   (市)コスモジェントル  56 菊沢徳 (美浦)畠山吉
△ 7   (市)トーセンラヴ     56 勝浦  (美浦)戸田
△ 8      ダイワアプセット  56 柴田善 (美浦)増沢
  9      マイネコンテッサ  54 石神  (美浦)畠山吉
 10 (父)[地]ニコニコヨークン  56 牧原  (川崎)照沼
○11 (父)(市)シャコーサクセス  56 後藤浩 (美浦)勢司
 12 (市)(地)コスモヘブン     56 大庭  (美浦)嶋田潤
▲13 (父)(市)トップガンジョー  56 穂刈  (美浦)和田
◎14      ニシノナースコール 54 吉田豊 (美浦)尾形
 15   [地]ドラゴンウィン   54 金井  (高崎)森山
△16   (父)サクラトライアンフ 56 横山典 (美浦)勢司


デビュー戦でスケールの大きさを窺わせたニシノナースコールに期待したいと思います。
休み明けですが仕上がりは良好で、緒戦で見せた決め手を発揮できそうです。
父は中山好相性のブライアンズタイム、従兄弟に京都大賞典のナリタセンチュリーと血統面も文句無しです。

対抗は未勝利戦での内容が濃かったシャコーサクセス
出遅れての差し切りは評価できますし、今回も展開を見方に付けれそうです。

シャコーサクセスと同じレースで同じく出遅れて3着のトップガンジョー
こちらは時計面で非常に安定感があります。
またニシノと同じく父はBT系ですので、コース適性もあるのではないでしょうか。

ハナを切れば渋太いレースをするトーセンラブ
前走は中団からでいいとこなしでしたが、積極策で再度見直しです。

2000mから距離短縮のダイワアプセット
ただ個人的に7ハロンあたりを押し切る内容が向いていそうだと思っているので、評価は控えめにしておきます。
あとは柴田善騎手が積極的にレースを運ぶかどうかです。

もう1頭は1枠のライトニングボールと迷いましたが、今の中山は横山典弘追い込み天国ですので、サクラトライアンフに注目します。
こちらも展開面で浮上しそうで、臨戦体勢も整っています。
昨日の若駒Sのように同厩舎(シャコーとの)ワンツーもありえます。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1681238

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。