2005年01月22日

若駒ステークスの結果

1回京都7日目10R
若駒ステークス (オープン)
(特指)(混) 別定 芝2000m(内)
1着 △4 (市)ディープインパクト 武豊  (栗東)池江郎 2:00.8 1人
2着 ○5 (市)ケイアイヘネシー  松永  (栗東)池江郎  5  6人
3着 ▲7   インプレッション  福永  (栗東)沖     2  2人


終わってみればディープインパクトの完勝、クラシックに向けキッチリ軌道に乗りました。
テイエム、ケイアイの創り出すペースにも戸惑うことなく、3角から進出。
直線では一頭だけ異次元の走りをしていました。
武豊が全兄ブラックタイドで引き出せなかった”ギア”(笑)を早くも引き出したようです。

2着はテイエムとハナ争いを演じた同厩のケイアイヘネシー
やはり今日のような展開で強みを発揮するようです。
強力な逃げ馬のいるレースを狙って出走すれば、自ずと結果は付いてきそうな気がします。

3着はインプレッションでした。
ケイアイと同じく展開が向いていたものの、位置取りが後ろ過ぎました。
もう少し相性の良いジョッキーに替われば、もっと良い結果が残せると思います。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1673838

この記事へのトラックバック

京都10R,11R回顧
Excerpt: 京都10R    ディープ強かった。予想でごたごた言って本命から外したのが恥ずかしい。    大外を別次元の脚ですっ飛んできた感じ。    ありえないし・・・。    お願いだ..
Weblog: 医学生のつれづれ競馬日記
Tracked: 2005-01-22 22:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。