2005年01月17日

スムースバリトン骨折

昨秋の東京スポーツ杯2歳S(GV)を制した(父)スムースバリトン(美浦・国枝栄厩舎)が右トウ骨、右中間手根骨を骨折していることが判明しました。

同馬はスペシャルウィーク産駒初の重賞制覇を果たし、共同通信杯(GV)に向けて調整中でした。
出走していれば朝日杯FS2着の(父)(市)ストーミーカフェ(美浦・小島太厩舎)らと人気を分け合っていたでしょうし、当然勝ち負けになっていたはずの存在です。
全治には3ヶ月を要する見込みで、皐月賞(GT)は絶望的となりました。
また国枝師曰く「無理にダービーに間に合わせる必要は無い」との事です。
事実上、春のクラシックへの出走は断たれたようです。

早くからその素質を見せていただけに残念ですが、1日も早く復活してくれる事を願っています。


■スムースバリトン、骨折で戦線離脱【netkeiba.com】
blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。