2004年11月20日

東京スポーツ杯2歳ステークスの結果

5回東京5日目11R
東京スポーツ杯2歳ステークス(GV)
(混) 芝1800m

1着 ▲ 7 (父)スムースバリトン  蛯名  (美浦)国枝   1:48.2  5人
2着   4   ペールギュント   小牧太 (栗東)橋口    1   2人
3着 △ 6 (父)ニシノドコマデモ  横山典 (美浦)萱野   クビ   4人
4着 ○10   エアサバス      ペリエ (美浦)藤沢和  3/4  1人
5着 ×11 (市)マイネルハーティー 木幡  (栗東)中村   3/4  10人


勝ったのはスペシャルウィーク産駒のスムースバリトン
やはり後方でタメれば鋭い脚を使います。
ただ東京や新潟で好走、逆に福島で破れているところを見ると、皐月賞よりダービーというタイプだと思います。
今後のローテに注目です。

2着のペールギュントは終始掛かり気味で追走でした。
兄弟や母ほどでなくとも気難しさはあるようです。
それでいて2着するのですから、それが解消されれば今後の巻き返しは十分可能です。

3着のニシノドコマデモは"コース取りが違えば"と思わせる悔しい結果。
次は中山で走るのでしょうか、そうなれば今回よりコース取りが重要になりそうです。

エアサバスは追い出してからの反応が今一つで4着。
こちらは中山コースでの巻き返しに期待です。

注目していたマイネルハーティーは後方から追い込んで5着。
ただ、ここでは相手が悪かったようです。
自己条件で引き続き注目したいと思います。
posted by 恐れ入ります at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。