2004年11月20日

東京スポーツ杯2歳ステークス

5回東京5日目11R
東京スポーツ杯2歳ステークス(GV)
(混) 芝1800m

  1      コパノスイジン   55.0 牡 岡部幸 (美浦)上原
◎ 2      メガトンカフェ   55.0 牡 ボニヤ (美浦)小島太
  3 (父)(市)カネサマンゲツ   55.0 牡 江田照 (美浦)久保田
  4      ペールギュント   55.0 牡 小牧太 (栗東)橋口
  5      サイボーグ      55.0 牡 後藤浩 (栗東)藤原英
△ 6    (父)ニシノドコマデモ  55.0 牡 横山典 (美浦)萱野
▲ 7    (父)スムースバリトン  55.0 牡 蛯名  (美浦)国枝
  8      ブライティアベスト 54.0 牝 武士沢 (美浦)菅原
  9    (市)コスモオースティン 55.0 牡 北村宏 (美浦)高橋裕
○10      エアサバス      55.0 牡 ペリエ (美浦)藤沢和
×11    (市)マイネルハーティー 55.0 牡 木幡  (栗東)中村
 12      マイネルアドホック 55.0 牡 柴田善 (美浦)清水美
 13    (市)ストラスアイラ   55.0 牡 吉田豊 (美浦)小島茂


メガトンカフェは道悪・スローの前走、太めながらも終い3Fを34.6で纏めました。
確かに追っ付け通しでしたが、良馬場なら更にと思わせる内容。
全兄ボーンキングよりも能力は高そうです。

対するエアサバスは前走逃げ切り勝ち。
ただ時計的には物足りませんでした。
今回はどの位置からレースをするか判りませんが、タメて行けば伸びしろがある事は確かです。
また中間の動きは上々でした。

今回、再度後方からの競馬に徹するスムースバリトンに注目です。
前走が不完全燃焼だったのは明白で、今日は本来の末脚を見せてくれるはずです。

あとはいちょうSを差し切ったニシノドコマデモ、キッチリ折り合いの付きそうで終いの斬れるマイネルハーティーに注目です。
posted by 恐れ入ります at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1084189

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。