2004年11月20日

もちの木賞

5回京都5日目9R
もちの木賞 500万下
(特指)(混) ダ1400m

  1   (外)エイシンアバロン  55.0 牡 本田  (栗東)南井
  2 (父)[地]マルヨウィザード  55.0 牡 安藤光 (笠松)柴田高
  3   (外)キャントンガール  54.0 牝 ルメー (栗東)岡田
▲ 4   (市)エネルマオー     55.0 牡 松永  (栗東)宮本
  5      デポジットブック  55.0 牡 池添  (栗東)松元茂
○ 6   (市)ハギノグラッド   55.0 牡 和田  (栗東)南井
  7   (父)マルシゲセルシオ  55.0 牡 安田  (栗東)安田伊
◎ 8   (市)ピカレスクコート  55.0 牡 武豊  (栗東)池江寿
  9      エイシンラージヒル 55.0 牡 四位  (栗東)中尾秀
 10      コパノフウジン   55.0 牡 佐藤哲 (栗東)宮
△11   (市)アドマイヤキラメキ 54.0 牝 福永  (栗東)友道
△12   (父)カネトシアーネスト 55.0 牡 飯田  (栗東)飯田明
 13 (父)[地]オーナーズチェス  55.0 牡 川原  (笠松)伊藤強


前走、芝のレースで楽逃げしたピカレスクコートが中心になりそうです。
緒戦も出遅れながらインプレッションのコンマ1秒差と能力はトップクラス。
今回は初ダートとなりますが全姉ヤマカツスズランもダートを得意としていましたので、こなしてくれそうです。
先制が叶えば今回も逃げ切り十分です。

ハギノグラッドは前走渋太く競り合い、もうすぐゴールという所でシベリアンライオンに出し抜けを食らいました。
しかしながら緒戦・前走とダートでは味のあるレースをしており、今回も好位からの粘り込みも十分です。

こちらも初ダートとなるエネルマオーはレベルの高かった札幌から好走を続けています。
血統的には芝よりむしろダート向きですので、引き続き警戒が必要です。

他にはクズの出ない血統のアドマイヤキラメキ、相手なりに走るカネトシアーネストにも気を配っておいた方が良さそうです。
posted by 恐れ入ります at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1083917

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。