2005年05月22日

優駿牝馬結果

優駿牝馬結果.bmp

キャロットファーム.png

1着はシーザリオ
行ったのは何と何とエイシンテンダーでした。
3F通過は37.1とスローになりましたが、ユーイチ騎手は無理に追いかけずの後方待機。
4角手前から進出を開始しましたが、このあたりが勝利インタビューで仕切に「馬に失礼な乗り方をした。」というところのように思います。
確かにあの位置から勝つには、4角手前の仕掛けは仕方無しです。
しかし「馬に負担を掛けてしまった。」と言うものの、馬の力を信じてケースバイケースの乗り方が出来たのは本物のジョッキーになった証ではないでしょうか。
それにしても33.3という素晴らしい末脚、人馬ともに一皮剥けたように思います。

2着はエアメサイア
中団前目からの競馬で、直線先頭に立ったかと思った瞬間わずかに交わされました。
母と同じく2着で詰めの甘さがありますが、安定して高いパフォーマンスを発揮出切るのは流石。
敗れはしましたが、100点満点のレースでした。

3着はディアデラノビア
下見所ではチャカチャカと落ち着きがありませんでしたが、レースでは幾分マシでした。
勝ち馬と同じく4角手前からの仕掛けで33.7の末脚。
欲を言えば直線まで仕掛けを待ちたかったように思えます。
とはいえ、秋にはこの馬も甲乙付けがたい主力の一頭になっている事でしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:12| Comment(0) | TrackBack(4) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇竜ステークス結果

昇竜ステークス結果.bmp

織田芳一.png

1着はシンメイレグルス
ニュートンが行くのかと思っていたら、行ったのはアスワンでした。
3F通過が35.6とかなり速い流れになりました。
この馬にとってこの流れは未体験の域で、まさか37.7の最速タイムで上がってくるとは思いもしませんでした。
それも外を回ってのものですので、余計に価値があります。
次はカネヒキリとの決着になりそうですが、まだ伸びしろを残していると見ても良さそうです。

2着はアドマイヤムサシ
こちらも最速の37.7という上がり時計。
ただ前半の位置取りが勝敗を分けました。
小回りはかなり上手い部類に入るので、小倉あたりで活躍しているかもしれません。

3着はエイシンニュートン
3・4番手追走からマイペースの競馬。
この馬としては前走分は走っているので、今回は完全な力負けでしょう。
とはいえ、古馬混合でも1000万下ならスンナリ突破できそうです。


blog Ranking tbfgreen続きを読む
posted by 恐れ入ります at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネーションカップ結果

カーネーションカップ結果.bmp

田島榮二郎.bmp

1着はイエローパピヨン
モエレが控えた為、36.7で3F通過というスローペース。
後方2番手で控え、直線は33.6という素晴らしい末脚。
この馬自身は37.6で3Fを通過しており、ミモザ賞のような競馬が出来ました。
中山とは違い、東京でスパッと切れましたので、次走も東京でスローなら警戒が必要です。

2着はメジロトンキニーズ
こちらは更に後ろの最後方から。
終いは33.5の最速タイムを叩き出しましたが、位置取りの差がそのまま出たようです。
今日のようにどスローなら引き続きチャンスです。

3着はトップセラー
レースを引っ張ったのはこの馬。
3角でエイシンに先頭は譲りましたが、最後まで渋太く伸びて3着を死守。
もう少し飛ばしていれば後続の追撃も振り切れたと思いますが、今回は力は見せ付けたという結果です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優駿牝馬

優駿牝馬.jpg

シーザリオ
ビッグフラワーが飛ばすようなら恐らく35秒後半で3F通過。
どれも行かないなら逃げていいと福永騎手からは意味深な発言が飛び出しています。
しかしこれはマイペースで行きたいという事の裏返し。
つまり35秒台で前半行けば、他の17頭を抑える自信があるのでしょう。
現に桜花賞で強い競馬をしたのはこの馬。
ここは間違い無さそうです。

エアメサイア
ともなれば桜花賞上位組がここで好走するのは確実。
そこで続いて入線したのがこの馬。
外々を回らされて4着なら、このコース替りは大きなプラス。
母の無念を晴らしたいところです。

ディアデラノビア
シーザリオにとって一番怖いのが、同厩舎、同馬主のこの馬ではないでしょうか。
桜の舞台には立てませんでしたが、桜花賞上位組とは遜色ない実力の持ち主。
東京コースも経験済み、加えてデザーモ騎手が魅力的です。

エイシンテンダー
桜花賞で次に先着しているのがこの馬。
そこで前に付けていれば上位争いをしていたと思わせるだけに、ここは巻き返し警戒です。
能力的に逆転があっても驚けない馬です。

ジョウノビクトリア
桜花賞で続く7着、加えて東京コース、道悪と全ての面でクリアしているのがこの馬。
鞍上が横山典弘騎手で、より不気味なイメージを漂わせています。

ジェダイト
忘れな草賞を勝ってここに挑んできましたが、評価すべきはこの流れに対応出来る能力。
シーザリオをマークするような前の位置に付ければ上位争い可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇竜ステークス

昇竜ステークス.jpg

ミステリーゲスト
久々の競馬でもう一本速い追い切りが欲しいところですが、ニュートンの逃げる流れならこの馬が筆頭です。
前走ヒヤシンスSでは道悪に泣きましたが、その前2走は目を見張るものがありました。
小回り巧者の赤木騎手というのも心強いです。

エイシンニュートン
前走はカネヒキリに全く歯が立ちませんでした。
しかしこの組み合わせなら楽になるのは確か。
この脚質からも小回りはプラスです。

シンメイレグルス
一番の伏兵はこの馬。
相変わらず攻め駆けしませんが、あの新馬戦の内容からはここを差し切っても不思議ではありません。
気になる点は速い流れを経験していないことでしょうか。

セレスエンブレム
前走はやや消化不良のレース。
相変わらず調教は絶好調で、多少の巻き返しはあります。

マルカラスカル
ここまでの内容や血統背景からは流れが速くなるのは歓迎のクチ。
前走以降も引き続き順調です。

カタラクト
出遅れがなければこの馬も上位争いに顔を出しそう。
未勝利・500万勝ちの内容はそう悪くありません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネーションカップ

カーネーションカップ.jpg

パーフェクトマッチ
モエレが引っ掛かり気味に飛ばす流れは36秒を切るくらいで3F通過か。
惜しくもメインレース出走を抽選で逃したこの馬ですが、その流れは望むところ。
叔父にトウカイポイント、パープルエビスと血統背景からも速めの流れが合います。
秋に向けてここは負けられません。

グロリアスアーチ
こちらもサンデー産駒ですが、母父がブラッシンググルーム系のNashwan。
その特徴がよく出ていて、やや気難しいタイプ。
それでも今回の流れなら素質が開花しそうです。
嵌った時の破壊力は他馬よりも凄いと思います。

モエレオープンヒメ
前述の通り掛かり気味に走る馬。
しかし今回は競り合う馬も見当たらず、マイペースで運べそうです。
後続の仕掛けが遅くなるようなら、逃げ切る計算も立ちます。

トップセラー
今回の流れはやや速いかなと思わせます。
しかし位置取り次第で上位争いは可能です。

エイシンハッピー
前2走から、今回は巻き返しても可笑しくありません。
好位から抜け出せるようなら、久々の好勝負も可能。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:21| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。