2005年05月05日

兵庫チャンピオンシップ結果

兵庫チャンピオンシップ結果.bmp

山田貢一.bmp

1着はドンクール
好発から3番手、道中はいつものように5番手を進みました。
前でダイワ、プライドが鍔迫り合い、さらにアグネスが後方から一気に押し上げるのを落ち着いて追走。
2周目の3角で動き始めると先頭に立ち、最後は粘るアグネスを競り落としての勝利。
これでデビュー以来、5連勝となりました。

2着はアグネスジェダイ
スタート直後はまさかの出遅れ。
それでも正面スタンド前で一旦ペースが落ちたところでハナを奪いました。
3角でドンクールらに並びかけられましたが、驚くくらいの粘り強さ。
最後はクビ差敗れましたが、これまでにないほど強くなった印象です。
距離も問題ありませんでした。

3着はプライドキム
好発からハナへ。
正面でアグネスにハナを譲りましたが、終始ダイワに絡まれていたのが辛かったようです。
最後はさすがGT馬という印象でしたが、前半の消耗が最後まで堪えた結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

兵庫チャンピオンシップ

兵庫チャンピオンシップ.jpg

ドンクール
他馬より1kg背負わされたヒヤシンスS、
アグネスジェダイが飛ばす超ハイペースを捕らえきったのには驚きました。
今回もアグネスが出走し、前走同様に速い流れとなりそうです。
その後のアグネスの活躍からも、ここでは一枚抜けた存在。
ここを勝って"本物=Genuine"と呼ばせるはずです。

プライドキム
終いの掛かる展開は、この馬も得意。
11月の兵庫Jでレッドペガサス以下を完封した実績もあり、
ここでは侮れません。

アグネスジェダイ
ヒヤシンスSでの粘りもさることながら、芝のNZTでも最後までよく粘りました。
今回も同様に前で粘りを見せてくれそうです。

ダイワキングコン
伏竜Sではデイフラッシュとの接戦に競り勝ちました。
ただ端午Sでのデイフラッシュがあまりにもだらしなさ過ぎたことや、
ここに来ての北村宏司騎手から武豊騎手への乗り替りが気になります。

グレートステージ
園田ダービーを制してここへ。
これまで短いところでも実績を残しているように、
速い流れになりそうな今回は、中央勢にとっても脅威の存在。
地元園田の雄がどれだけやれるでしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:29| Comment(0) | TrackBack(3) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

スイートピーステークス結果

スイートピーステークス結果.bmp

サンデーレーシング.png

1着はライラプス
中団よりやや後方で構えてのレース。
直線に入ってから仕掛け、最後は最速の34.7で差し切りました。
桜花賞からトライアルで巻き返す辺り、なるほどフサイチエアデール譲り。
そう強い相手のいないここでは、得意の展開で能力をフルに発揮しました。

2着はコスモマーベラス
前走の直線一気とは異なり、今回は中団を進み3角から進出開始。
長くいい脚の使える、この馬の特徴を巧く引き出した池添騎手の好騎乗が目立ちました。
本番でも好位で流れに乗れれば、好走のチャンスはあります。

3着はトップセラー
終いは少し甘くなったものの、3番手からの粘り込み。
オークスへの出走権は逃しましたが、秋以降に期待を抱かせる内容でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ賞結果

はやぶさ賞結果.bmp

吉田勝己.png

1着はフラワリングバンク
やはり1000mになると強く、終始先頭で走り、そのままゴールイン。
今後は番組選びに苦労しそうで、夏の新潟までそのスピードに再会する事はないかもしれません。

2着はストーンブリッジ
中団からのレース。
ラストは最速の33.0を使いました。
これまでの戦績からは考えられない好走でした。

3着はキタサンジェミニ
中央転厩3戦目で、今回は好位からの差しという作戦を取りました。
戦前陣営が示唆していたよりはやや前目になってしまいましたが、
脚質に幅が出てきたのには収穫あり。
次走以降も目が離せません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あやめ賞結果

あやめ賞結果.bmp

大沢毅.png

1着はマルブツブリザード
2ハロン目で先頭に立つと、淡々としたのラップでの逃げ。
最後まで大きくバテることなく、2着以下を3馬身離しての勝利。
ブライアンズタイム産駒らしい粘り強さは上のクラスでも通用するものだと思います。

2着はボストンゴールド
7番人気の低評価も、差しに徹して2着を確保。
ただ今回は嵌った感が強く、自力で勝ちにいけるかが今後の鍵となりそうです。

3着は2頭。
まずコスモラヴアゲイン
好位からの競馬でしたが、終いの伸びは勝ち馬とほぼ同じ。
位置取りの差がそのまま着差となりました。
まだキレイな馬場だったので、できれば先行押し切りを狙って欲しかったです。

もう一頭はクロユリジョウ
ボストンと同様に終いに懸ける競馬。
粘り強さが身上なだけに、こちらも前目での競馬が見たかったです。
とはいえ終いの伸びは最速のもの。
近々結果が出そうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青葉賞結果

青葉賞結果.bmp

山元哲二.png

1着はダンツキッチョウ
スタート後は5番手、向正面で3番手に押し上げてレースを進めました。
直線ではこれまでに無い34.5の上がり3Fをマークし、後続の追撃を抑えました。
再度長くいい脚が使えるという事が確認でき、本番でも展開に左右されずに好走できそうです。

2着はニシノドコマデモ
中団よりやや後ろと、いつもより前目での競馬。
直線まで仕掛けを待ち、ゴーサインが出ると最後は34.1の決め脚。
結果クビ差及びませんでしたが、東京コースとの相性はやはり抜群。
これまでの実績から、本番で流れが速くなっても問題は無さそうです。

3着はブレーブハート
ニシノと同じ位置での競馬で、ラスト3F34.1も同じ。
直線の位置取り、こちらが紛れの多い内を通ったこともあってかクビ差敗れました。
しかし、これまでのレースからは確実に上昇しています。
本番でも好走が期待できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

端午ステークス結果

端午ステークス結果.bmp

金子真人.png

1着はカネヒキリ
中団からレースを進め、3角で進出開始。
4角過ぎで先頭に立つと、あとは後続を引き離す一方。
今後は当分ダート路線を歩むようで、ユニコーンSに出てくるようなら勝利は必至です。

2着はエイシンニュートン
勝ち馬に大きく離されてしまいましたが、デイフラッシュを競り落としたのには大きな価値があります。
やはりダートに戻れば力は通用するもので、今後も好走が期待できます。

3着はデイフラッシュ
この馬も普段の力を発揮できました。
しかし最後の甘さは相変わらず。
もう少し喰らい付くようなものが欲しいと思わせる内容でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八重桜賞結果

八重桜賞結果.bmp

堀越毅一.bmp

1着はラストモア
コスモ、レオが飛ばす速い流れで、伸びあぐねる各馬を尻目に最速の上がり35.5でゴールイン。
これまで出遅ればかりでしたが、スンナリ出れば力が発揮できる事を証明しました。
今後の課題は流れが遅くなった時の折り合いだと思います。

2着はコパノスイジン
今回は無理せずマイペースでの好位追走が功を奏しました。
ここまでスローに良積が偏っていただけに、収穫の多い一戦だったように思います。

3着はサクラトライアンフ
やはり流れが速くなると力が発揮できます。
コース取りも中団の内目で、ロス無くスルスルと伸びてきました。
人気はありませんでしたが今回はフロックでなく、次走以降も展開次第で上位進出可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

スイートピーステークス

スイートピーステークス.jpg

ブリトン
前走と違い、今回は番手での競馬となりそうです。
モエレが掛かり気味に行けば平均ペースは確実。
そうなれば終いの粘りが身上のこの馬には好都合です。

ダンツクインビー
これまでの戦績から実力上位は明らか。
ただ前走は追い込みと脚質が定まっていません。
松岡騎手が上手く乗れば好勝負が期待できます。

ライラプス
前走の敗因が不可解です。
あの流れなら得意なはずですが、まさかの12着。
実績のある東京コースで再度見直しです。

アンブロワーズ
この2走は四位騎手が手綱を執り、以前とは異なる好位からの競馬。
結果を見る限り、前で粘るレースが向いているようです。
蛯名騎手に乗替る今回は警戒が必要です。

パルシェル
初芝の前走が上々。
2ハロン延長も、その切れ味は注目に値します。

コスモマーベラス
少々ペースが上がりそうなのは、短距離での実績もあるこの馬にとってプラス。
上手く立ち回ればという条件付きですが、好走は可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:44| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ賞

はやぶさ賞.jpg

ポイントセブン
前走2着のような流れに今回もなりそうです。
最後まで辛抱の利くこの馬が勝利に最も近いようです。

メイショウリオン
休み前のかささぎ賞は前で飛ばすも、終いまでマズマズ。
そのレースレベルは高く、0.9差8着も仕方ありません。
メンバーに恵まれたここは巻き返し。

ゴーストシチー
タイムオーバーを経験した馬ですが、距離短縮したここ2走で一変。
今の調子なら、芝でもと思わせます。

フラワリングバンク
直線ではありませんが、1000mという距離には自身あり。
1ハロン短縮で終いの粘りが増すかもしれません。

キタサンジェミニ
初芝の前走はマズマズの6着。
今回差す競馬が出来れば、脅威です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あやめ賞

あやめ賞.jpg

マルブツブリザード
展開の鍵を握るのは、この馬。
5前走かささぎ賞以来の芝でのレースですが、
その時のように前半33秒後半で行けばここは確勝だと思います。

クロユリジョウ
速い流れを好位で追走すれば、この馬にもチャンスあり。
サニーブライアン産駒らしく、前々での粘り腰があります。

アグネスリュウ
前走は案外でしたが、終いの時計が掛かれば確実な差し。
相変わらずゲートに不安は残りますが、ここは巻き返しが期待できます。

コスモラヴアゲイン
終いの粘りがもう少し欲しいというのが正直なところ。
仕上り自体は万全です。

ナリタシークレット
ここのところ安定した走り。
しかし時計に限界がありそうで、ここでどれだけやれるか注目です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。